サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/10/29 21:03

投稿元:ブクログ

 最近話題になった、深海調査PJの本。技術的な話は少ないが、全体概要の把握がしやすく、面白く読めた。
 せっかくのルポなので、もっと技術的な詳細(ガラスの研磨がどのくらいすごい技術なのか、トランスポンダの発信信号の特徴はなんなのか?等)があれば良い。専門家じゃない読者のために、わかりやすく説明すればいい。

2015/01/18 07:46

投稿元:ブクログ

釣りをしていると、海の底はどうなっているのか、魚はいるのかが気になる。それを8000mの海溝で実際に取り組み、深海魚の撮影に成功する話。下町の町工場が深海無人探査に挑む。科学の話というより、下町中小企業の取り組みについて。それぞれの企業の思惑が垣間見え、単なる成功物語ではなく、企業が集まっておこなうプロジェクトマネジメントの物語としておもしろかった。

2016/08/09 09:37

投稿元:ブクログ

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と東京の下町企業、大学、金融機関などが「江戸っ子一号」なる深海探査装置を作成するお話。
2009年1月23日にJAXAと東大阪市の中小企業が携わった人工衛星「まいど1号」が打ち上げられたことから、西にはまけられない、といったこともプロジェクト発足の一因となったらしい。
2009年の原案から始まり、2013年11月には水深7800メートルを超えた撮影に成功。

なんとなく文章がドライに感じられ、関係者たちの心の声が伝わらず、星二つ。

2014/10/25 06:04

投稿元:ブクログ

町工場が深海調査に挑む!
その熱意がすごいなあと思いました。

僕は、取材者が書いている本読んでいるとき、取材者の思い入れが強く出て、読み手のストーリーに入り込めない、と感じるときがあります。

2015/04/17 23:46

投稿元:ブクログ

東京の町工場が声を上げて開発が進められた深海探査機「江戸っ子1号」について書かれたノンフィクション。
海の知識ゼロから出発したことにビックリ。町工場、企業、大学などプロジェクトメンバーが多いだけ、ぶつかり合いやそれぞれの思惑もあり、プロジェクトを進めていく大変さが伝わってくる。
町工場、中小企業の底力・熱意を感じられる一冊。

2015/03/22 10:26

投稿元:ブクログ

日本が経済的な利益を得ることができる海の範囲は世界で六番目の広さを誇る。その海深くに眠る可能性に興味を持った小さな町工場の経営者。海に関する知識はゼロ!しかし、技術力を武器に深海に挑んでいく。すばらしい技術をもっていながらそれを生かすことができずに衰退していく町工場が多い中、挑戦し続ければ夢は実現するということを教えてくれる。

2014/11/08 21:23

投稿元:ブクログ

東京の町工場の人たちによる、深海無人探査機開発のお話。

とはいえ、町工場の人たちだけでは決して開発は成功しませんでした。
それでも、町工場の人たちは、開発の中心であり続けたとは思います。

この本で紹介されたプロジェクトの成功もさることながら、プロジェクト遂行の過程で生まれた、様々な技術・製品も素晴らしいと思います。
町工場の底力を感じた一冊でした。

7 件中 1 件~ 7 件を表示