サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

依存症臨床論 援助の現場から

依存症臨床論 援助の現場から みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/26 23:17

投稿元:ブクログ

一気に読みきった。これまで精神医療の中でニッチな存在であった依存症臨床において、第一線で臨床を行いながら、ニッチな立場で現場を見続けてきた人の文章だけに説得力がある。前半は70年代から現代までのアルコール臨床の歴史、それに携わった医師たちの背景も含めての苦闘がドラマのように述べられる。ともに「全共闘世代」であるから理解し合える暖かい目がある反面、対抗的な目や、そうした医師たちのロマン主義に対する皮肉がある一方、現代の実証的な研究が進み、ある意味システマティックな治療になった依存症臨床についてはコメントはない。後半はACと共依存について、曖昧な概念であるだけに色々な意味を包摂しながら一般化はしたが、特に共依存に関しては対等な関係であるから成り立つ言葉ではあるが、夫婦関係や親子関係は対等なのかという視点から逆説を述べられる。加えて背景にあるDVに関して、病気の免責と暴力の責任という、これまで曖昧にされていたことについての言及は鋭い。依存症の臨床の背景に流れる思想を理解するのに良い本だと思う。

1 件中 1 件~ 1 件を表示