サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手

君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

月光

2015/03/11 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「きみは山口高志を見たか」といえば見ましたということになるか。ともかく早かった。
なにせ球投げるだけで右手の指を骨折なんてのは、この人だけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/26 23:43

投稿元:ブクログ

面白かった。こんなに素晴らしい投手をリアルに見られた世代なのに記憶が無いなんて、なんともったいない。
コーチになってからの取り組み方は共感持てる。参考にしたい。
P147の写真はいい写真だ。

2015/08/19 23:08

投稿元:ブクログ

山口高志!
知ってますよ、覚えてますよ!
阪急が強かった頃、巨人と日本シリーズを戦っていた頃、上田監督の頃。
あぁ、懐かしい!
選手生活8年、活躍したのはたったの4年、その割には記憶に残る選手だった。
太く短く、を体現したような体格・球種。
スポーツノンフィクションはハマったら面白い。
妙に覚えている選手っていっぱいいる。
願わくば記憶に残る全ての選手が活字化されますように。

2015/02/28 18:55

投稿元:ブクログ

自分の中でプロ野球史の最も記憶に残るシーンの1つに、張本勲3000本安打達成の瞬間がある。

選手として脂の乗り切った40代の張さん、投手が放った高めの速球を強引に引っ張り、ライナー性の打球がライトスタンドへ一直線に突き刺さる場面は、今でも鮮烈に思い出される。実はその時のピッチャーこそ山口高志だったのだ。

伝説の剛速球投手の物語と聞いて、勝手に破天荒なキャラを想像してしまったが、チームメイトに対する気遣いや先輩に対する礼儀正しさ、また金銭の管理をすべて奥さんに任せるなど、意外なほど堅実な人柄がとても印象的だった。

8年間のプロ生活の中で日本一が3回という、太く短い選手生命を終えた山口氏だが、コーチとして藤川球児を育てるなど、伝説の剛速球は脈々と受け継がれているようだ。いつか監督として胴上げされるシーンを見てみたいものだ。

2014/11/29 19:27

投稿元:ブクログ

「僕は山口高志を見たことがありません」。
そう、当方にとって山口高志は球史の人物、これは生まれた時代が遅かったと嘆くほかない。
さて本作は投手列伝にも名を刻む人物伝な訳だが、まぁ悪いことは書けないだろうからドラマティックでは必ずしもない。ただ周囲含めた実直な人間の己を信じ切る物語には耳を傾けざるを得ない。
それにしても山田とのコーチ時代にまでつながる逸話の数々。ご本人のお人柄等容易に想像がつく一方、やはり絶対的エースは誰だったのかを改めて思い知らされる。プロは言うまでもないが厳しいっすな。

2015/07/19 14:30

投稿元:ブクログ

1970ごろに見た当人のダイナミックなピッチングフォームが目に浮かぶ。身長が170cmに満たない体格の選手がプロで活躍するのは並大抵の努力では無理だろう。そのシワ寄せが、「太く短くの選手生命」となったのではないだろうか。こういった選手がこれから出てくることは無いと思う。

2016/09/20 13:45

投稿元:ブクログ

大学の先輩で、現役時代の凄いピッチングに引き込まれるように見ていた山口投手が、どのような考えを持っているのか、どのように誕生したのか、大変興味深く読みました。派手な投球と裏腹の控えめな性格に好感を持ちました。こんな投手は、もう出てこないんでしょうね。

2015/03/20 12:08

投稿元:ブクログ

「太く短く」、「記録より記憶に残る選手」、「剛速球投手」といった言葉が最も良く似合う選手ということを、あらためて認識させられる一冊です。現役選手として8年在籍し、そのうち活躍できたのはわずかに4年間だったのかと唖然とするほど、現役時代の躍動感溢れるフォームと速球は圧倒的な印象を残しています。大学、社会人、プロ、それぞれでの華々しい活躍と力が落ちてきてからの努力の様子と引退後のコーチやスカウトとしての活動からは、人柄の良さが伝わってきます。全盛期の投球フォームの連続写真を捜して掲載して欲しいと思いました。

8 件中 1 件~ 8 件を表示