サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

日本人が知らない軍事学の常識(草思社文庫)

日本人が知らない軍事学の常識 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

タイトルは一般受けしないだろうけれど

2016/01/29 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶたたぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

何かと専門的で興味のない人だと取っ付きにくいだろうなぁと常々思わされる兵頭氏の著書。その中でも色々と興味深く読めた一冊だった。
兵器評価などは軍事マニアにしかうけないだろうが、その兵器の特質如何では、外交にも影響を及ぼすという。

例えば北方領土のくだりでは、ロシアの軍事的事情では3島返還(択捉以外)が落としどころだったという。そんなあちらの事情も軍事的性質や兵器の特質に疎いとピンとこないだろう。

そんな日頃、日本のメディアが伝えない事実が満載であった。
何だか防衛、外交が苦手な民主党や公明党、共産党の議員の人達に読んでもらいたいなぁなんて思われた一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/28 23:46

投稿元:ブクログ

戦争ハンターイ、とナイーブにデモする時間があったらこの本を読むべき。

日本の防衛方針を明治以来の列国との関係性からひもとく。韓国とシナ(筆者は中国という呼称を避け、イデオロギーに中立なシナという呼称を使用)の本質、北朝鮮軍の実力と日本の防衛能力も的確に分析。

一番興味深かったのは、福島原発事故以降、国家に対するテロ手法が根元的に変わったという指摘をしている点。対艦ミサイルを用いて原発燃料プールを破壊し沃素131が大量に漏出される事態となれば、数値で物事をとらえることができない大多数の国民が混乱に陥ることで、国家機能が麻痺させられる。すなわち、従来の弾道ミサイルによる攻撃を前提とした防衛思想からの転換が必要であると説いている。

災害時の運搬や汎用性から、公的車両は全てディーゼルであるべき、という論旨もしごくまとも。

同様に、都市部のビルのガラスの飛散対策についてもっと検討をすべきだ、という主張も合理的。

2016/03/18 22:03

投稿元:ブクログ

軍事評論家による日本の軍事技術と外交環境を著述された作品。

ミリオタのための兵器技術の知識披露だけなく、日本が世界征服をすることは無理だけど、日本国民を守り切れる環境が整ってると確信させてくれる作品。

日本は、近い将来に中国に征服されるんじゃないの?と不安に思っている人には、精神安定剤になることは、間違いない。


戦闘機の中心的技術であるジェットエンジンに関する評論は、個人的に印象的でした。説得力抜群。

3 件中 1 件~ 3 件を表示