サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

灰とラブストーリー

灰とラブストーリー みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

甘い…!

2017/02/20 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中馬の甘さと言ったら!
素敵でした!

フラフラ遊んでたかに思えていた久我山の気遣いや優しさに温かい気持ちになりました。穂波さんのイラストも最高でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

灰がキューピッド

2016/01/30 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

いわゆるツンデレ受けで、大人でちょっとムッツリな攻めが
とても上手な対応で受けを掌の上で可愛がりますが
ごくたまに、余裕がなくなって振り回されちゃうときもあるという、
攻めにも可愛いげのある話です。

受けは美形で女にもてるわ、仕事はできるわで、
しかも気が強くて意地っ張りな毒舌です。
最悪な出会いから恋に発展という王道展開ですが、
面白くてスルスル読めました♪

鹿児島が舞台の作品で、火山灰がキューピッドです。
この灰がキューピッドであり、受けの仕事にも絡み
全編で実に良い味出してますし、噴火や降灰の話自体がとても面白い。
鹿児島に行ってみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鹿児島!

2016/11/29 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜島付近での生活って、こんななんだぁ、と、興味を持って読みました。
ちょっと、コメディ要素もあり、泣けるとまではいかなくても、切ないところもありで、楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/28 18:02

投稿元:ブクログ

順風満帆で生きてきた大手広告代理店に勤める久我山が、あるトラブルのせいで鹿児島の支局に左遷されることから始まる活火山ラブ。
久我山がとても口が悪くてハラハラさせられます。誰でも心に抱くような愚痴だけど、それを口にしてしまうことで久我山は悪く思われてしまう、損な性格です。
口が災いしてバスの乗客の男とトラブルになる久我山に、おおいに心配させられてしまいました。

根は優しくてお人よしなのに、毒舌のせいで失敗続き。そんな久我山にあれこれ構ってきて、なにかと面倒も見てくれる器の大きいお隣さんが、バスで最悪の出会いを果たした中馬です。
意地を張って中馬には反発したり毒を吐く久我山も、さすがに自然の脅威にだけは勝てなかったのが面白かったです。で、仕方なく嫌いなお隣さんに頼ってしまって…という、このあたりの描き方がほんとに上手くて引きつけられました。
イヤだと思っていた火山灰が、次第に自分にとって大切な意味あるものとなっていく経緯に、心がじんわりとします。桜島に対する思いが中馬に対する想いとオーバーラップしていて、感動的。

中馬がとても寛容で魅力的な攻でした。単にやさしいのではなくて、ちょっとイジワルなところもぐっときました。
オトナな中馬のせいで、いっそう久我山が子供っぽく見えてしまうのも面白かったです。中馬もまた完璧な男ではなく、言葉が過ぎる久我山とは対照的に、言葉が全然足りないんですよね。
まあ、二人でちょうど良いバランスになるのかもしれません。
エロ的にもすごくよかったです。あれです、鼻持ちならない受がベッドですっかりかわいく調教されてしまうギャップ萌えww
砂原センセはこういうエロがものすごく上手くて、超好みです。

お仕事ものとしても左遷で他所に来たという気持ちの強かった久我山が、ここに根を下ろして勝負をかける決意をするまでの様子が力強く迫ってきます。
人助けで貧乏くじを引いてしまった久我山が幸せをつかむ姿に、心から良かったねと言いたくなります。
頑張ったら必ずいいことがあるんだよ、って思えるやさしさあふれる恋物語でした。穂波ゆきねセンセのイラストもストーリーにぴったりでうっとりです!とても萌えました。

2015/01/15 21:59

投稿元:ブクログ

医者×左遷されてきた広告代理店エリート
灰って火山灰の事だったんですねw
ツンデレ?とは一味違う、口は悪いけど実は素直だったりギャップ萌えな受けが可愛かったです。
お仕事描写も結構あって楽しかった。

2015/09/22 20:23

投稿元:ブクログ

ツン受が苦手なので評価が辛いです。にも関わらず、ノンケ同士がくっつくようになっていく過程が自然で、自分のような苦手意識を持ったタイプでも面白く読むことができました。鹿児島の描写がしっかりしていて、読んでいると一度行ってみたくなること必至。

2014/11/22 19:38

投稿元:ブクログ

雑誌掲載時に読んで、穂波さんのイラストも相まって誉の嫌味な性格がかわいらしく読めました。
その後のお話が気になって、文庫も買っちゃいました。
鹿児島もどきから東京に戻るのか?と心配しましたが、ラブラブな二人でした。

2016/10/23 22:27

投稿元:ブクログ

医者×鹿児島に左遷のツンデレ

いまいち攻めが受けに惚れる過程が良くわからなかった…。受けは公然で人をホモ呼ばわりするし、猪突猛進型とはいえ、社会人とは思えない立ち居振舞い。付き合い後も、Hのときしか可愛げがないのでウーーーンと思ったり…というか、受けが普通に浮気しようとしていたことにびっくり。

2015/07/27 18:20

投稿元:ブクログ

▼あらすじ

大手広告代理店のクリエイティブ・ディレクターとして、社内でも出世頭だった久我山。
ところが社内スキャンダルに巻き込まれて、鹿児島の一営業所に左遷!?
仕事も土地もローカル一色でふてくされる久我山だけど、
隣人で医者の中馬が、なぜか親切に世話を焼いてくれて…!?
灰の降る地で咲いた恋の花
ワケあり医師×美人広告マンのご当地ラブストーリー!!

***

他のお話目当てでたまたま購入した『小説Chara vol.29』に載っていたお話で、
何か面白そうだな〜と思って読んでみたら鹿児島に夢を抱いてしまうほど
ドハマりしてしまい、こうして一冊の本になる日をずっと待ち詫びていました…!!

書き下ろしの『隣人とラブストーリー』を含め、取り立てて
派手な事は起きないんですが、ストーリーの展開の仕方が上手く、
会話のテンポも非情に良いので最後まで楽しく読む事が出来ました。
最悪な出逢いから始まり、それから親密になるまでの過程や、
喧嘩から仲直りまでの流れも丁寧に描かれている為、
お話がストンと違和感なく心の中に入ってきます。
甘々、ほのぼの、シリアス、エロ。これらのバランスが個人的には
丁度良く感じられ、物足りないと思う事もなかったです。

特に爽やかな雰囲気で終わったラストが凄く印象的で良かったです。
仕事や恋愛の問題もラストで一気に片付けるんじゃなくて
ちゃんと時間をかけて解決させているので説得力がありますし、
読み終わってこんなに爽やかな気分になった小説は久し振りでした。

個人的には非のつけどころがない作品だと思いますが、
強いて言うなら受けの性格がちょっとな〜と思う部分は多々ありました(笑)
特に鹿児島県民の方に失礼じゃないかと読んでるこっちが心配するほど
口が悪かったりする部分もあるので、好き嫌いは分かれそうな受けだな、と…(笑)
それに引き換え攻めの包容力の高いこと高いこと…!
しかも普段は紳士で、ベッドの上ではちょっぴり変態っていう…!素敵やー!!(笑)

穂波ゆきね先生のイラストも作品の雰囲気に合っていて凄く素敵でした…!
お気に入りの一冊。文句無しの★5です!!

2014/10/28 17:59

投稿元:ブクログ

面白かった〜♡
中馬さんがムッツリエロ変態紳士なとこがツボにガツンガツンはまりまくり。
個人的に料理のできる攻はポイント高いです(^p^)
つか鹿児島って過酷な土地なんですなぁw

2015/09/29 09:44

投稿元:ブクログ

口の悪いツンデレ受けが主人公ですが、
対する攻めもわりと辛辣で、
大人同士の言葉の応酬が読んでいて楽しかったです。

口が悪いと言っても根はいい人なので、
言い過ぎてる!と思いつつも口が止まらないのを
自分でもハラハラしてる様子に共感できました。
仕事を頑張ってるのも好印象だし、
仕事内容も地域に絡めたもので興味深かったです。

ノンケ×ノンケは説得力に欠けるものが多いですが、
この作品は最初に攻めの事をゲイだと勘違いしたことで
意識していったというところもあって、
すんなり受け入れる事が出来ました。
攻めにしても身近にゲイが実際にいたから
踏み込みやすかったのかもしれませんね。

あと、エッチが不潔感がない程度にじっくりねっとりで
そこも結構好みでしたw
ツンデレがベッドではメロメロになっちゃうのは
定番だけど好きです。

11 件中 1 件~ 11 件を表示