サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

父と息子の大闘病日記

父と息子の大闘病日記 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2017/04/01 18:01

投稿元:ブクログ

コラムニスト神足裕司がくも膜下出血で倒れ、介護が必要となりつつも復帰していく様子を息子の視点から書き綴っておいて、それぞれのテーマごとに父のコメントが添えられている。神足一家は、良い家族なんだなということをしみじみ感じた。
ソレは突然、やってくる。自分の親がこうなってしまったときに、祐太郎さんのようにできるのか自問してしまった。そういう意味でも参考になった。

2014/11/29 13:57

投稿元:ブクログ

著者たちを存じ上げていない状況で読んだからなのか、ほとんど内容が入ってこなかった。これ読むくらいなら、ほかの闘病日記を読んだほうがいいと思う。重いのか、軽いのか中途半端な本。

2015/01/18 09:06

投稿元:ブクログ

重度のくも幕下出血から生還した父と息子の闘病記。ひとつひとつが短いエッセイで読みやすい。
友達少ない、少なくてもOKな私にとってはこんなに大勢の人が見舞いにくるなんて、その対応が大変そうだなとはじめは思ってしまったが、介護において大勢の人と関わり、助けあうことはとても大事だ。また人と接する時の刺激というはいいリハビリになるだろう。
神足裕司がここまで回復したのも、そのおかげもあるんじゃないかな。「人脈」というとビジネスライクだけど、人との関わりというはつくづく大切だと実感した。

3 件中 1 件~ 3 件を表示