サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

近所の犬

近所の犬 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

犬への愛を通して人間の日常が絶妙に切り取られる

2015/08/29 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近所の犬を観察し、あわよくば散歩の途中で接触をはかり、名前を聞き…動物を飼う環境にない作者が、涙ぐましい努力をして近所の犬と交流を計る。そんな日々をつづった一冊で、とても楽しかった。
作者は、普段は見知らぬ人に声をかけるのは苦手な性格なのだが、それでも犬のために一所懸命声をかけにいくのがほほえましい。犬の飼い主や大家さんなど、人間の特徴を生き生きと描いているのもいい。特に、黒ラブのラニとその飼い主の江戸っ子調おじいさんがよかった。おじいさんは決して愛想がいいわけではないけど、何となく味のある返しをする。わざとらしくない日常がありありと透ける描き方が印象的。
もちろん、犬のかわいらしさもばっちり伝わってくる。笑ったのは、作者自身にとっての犬のかわいさ度を「カブ」という単位で表しているところ。嫌いな犬にはマイナス90カブをつけるくらいなのだが、だからといってそれは決めつけではなく、あくまで人間の持つ感情の表れとしてコミカルに描かれているところに好感が持てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『昭和の犬』は何故あんなに泣けない萌えない犬モノになったのか?

2015/08/10 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

同作家の『昭和の犬』という本を読んで、まず実に驚いたのが、あまりに淡々とした筆致。犬猫ものでここまで泣きも萌えも入らない話を書けるって、むしろ究極の技ではないだろうか、と。関わりあう犬たちに向ける強い愛情は感じられるのだが、どうもなんだかあまりに抑えた感じで、そこがミョーに引っかかっていた。だから本書に手が伸びた。

さて、また同著者の犬ものである。
なんでも本書は作家のリアルな「犬ライフ」を反映しているという。
なぜ『昭和の犬』は、あんな泣けない萌えない犬話になったのか?

それは、作者があまりに激しい犬狂いだったから、という真実が、ここでは臆面もなく語られる。
本書のエピソードはすべて、作家の「近所の犬ストーカー生活」なのだ。

作者は犬狂いなのだが犬が飼えない環境。だから近所を散歩する犬をこまめにチェックし、仲良くできる犬の目星を付けては飼い主とうまく仲良くなれるように努力し、場合によっては散歩のタイミングで電話をもらえるように頼み込む。ワンコと仲良くするために、スッピン・ボロ服・無香料な生活形態となる。なるほど、平素そこまで思い詰めているからこそ、逆に「犬小説」を書くと極力できる限りダダ漏れする愛情噴射を抑え込んでしまうことになるわけだ。ううむ。

だから『昭和の犬』は、あんなそっけない小説群になってしまったのだが、しかし脈々と滾り立つマグマのごとき犬愛が抑え込めない。それがエッセイ集という形で一気に逆噴射してくるのが本書、てことらしい。わかりやすい。いや、勝手な解釈にすぎないのではあるが。

とにかく圧倒的な「犬愛」を思うさま噴出し、近所の犬を追いまくる犬ストーカー生活。その姿はなんだか共感できるし面白い。
かなりベタではあるが、仲良くなった犬たちの姿は、なんとも実にかわいらしいのでもある。
萌え満載。で、泣きはなし。だから安心して読んでいい。

まずはワタシにとっては「あの本の謎解き」としてなかなか面白く読めた。
犬好き必読、かも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/14 06:47

投稿元:ブクログ

自分の飼い犬ではない散歩の途中で出会う犬との出会い、気づき、そして愛の交歓。
カオルコさんの筆のタッチ好きです。

2014/10/15 13:07

投稿元:ブクログ

近所で会う犬、猫の話。
動物の種類や名前が書いてあるので、動物というより近所の人々について書かれているみたい。
ペットから飼い主さんのことが垣間見えるのがおもしろい。
それにしても、犬も猫も大好きなのね。

2014/12/24 12:35

投稿元:ブクログ

個人的には「エッセイ」で分類してもいい気がするけどご本人が、「私小説」と書いてらっしゃるのでそうなのだろう。

自叙伝的小説「昭和の犬」で直木賞をとった著者の、生活するなかで遭遇する犬と飼い主の肖像。

ほのぼのして、しんみりして、そーなんだよねえと共感し、笑う。

「昭和の犬」よりはよほど気楽に読めた。
このひとの生活を、どう世間の人が評価するかはわからないが、わたしは「充たされている」と思う。犬とこれだけ遭遇できるならいいじゃないか。
ちなみに、むやみに犬に会いたいからと言って、ドッグランなんかにいかないのは、著者の作法なのだろう。

しかし、なんともいえない比喩が・・・すさまじくヒメノ節とでもいうしかない感じ・・・

2015/01/14 23:31

投稿元:ブクログ

「はじめに」で著者は、「自伝的要素の強い小説」と「私小説」の違いを、事実の占める度合いとカメラ(視点)の位置によるものと述べている。

▼「私小説」のほうが、事実度が大きく、カメラ位置も語り手の目に固定されている。よって読み手にすれば、「私小説」は随筆[エッセイ]を読むスタンスでページを進めてゆける。(p.9)

この『近所の犬』は、こう書いている「はじめに」も含めて「私小説」である、という。この小説は、著者の借飼[しゃくし]、つまりは自分では飼うことのできない犬や猫を見て、飼い主の了解を得て触わって…という話をあれこれ書いたようなものだった。エッセイのようだと言えばそうも言える。

私はところどころで、ぐっはっはと笑いながら読んだ。とくに、直木賞をとったあとの話はおもしろかった。

章の扉には、その章で主に語られる犬(もしくは猫)と同種の犬のイラストが入っていて、その犬(もしくは猫)の名が書かれている。黒ラブラドール・レトリバーが描かれた章は、「うニ」

「う」がひらがなで、「ニ」がカタカナとは、変わった名の犬よのう~と思ったら、それは「ラニ」だった。(同居人に扉を示して、どう読めるか尋ねてみたら、私と同じく「うニ」と言うのだった。)

▼…小さいころに本人が望まぬレッスンや教育をほどこされた、という人が時々いる。私の場合は、小さいころに、「自分を嫌いなさい」というレッスンをほどこされた。
 両親は大正生まれであった。大正時代は、自分を嫌うこと、自分の欠点だけを見つめることがマナーだったのだろうか。両親には両親の信念があったのだろうが、このレッスンがプラスに働いているようには、どうも私には思われない。(p.235)

この箇所は、自伝的要素の強い小説である『昭和の犬』をちょっと思い出すものがあった。※

「私」は、犬をよくよく見て、できることなら触りたいために、飼い主に声をかけ、まず犬の名を尋ね、触ってよいかと訊いて了解が得られた場合になでなでとする。「私」に話しかけられる側の飼い主の心情を慮る場面で、著者はこんなことを書いたりもする。

▼若くない女は商品価値がない。これが世の中の事実だ。しかし言っておく。金のない男は商品価値がない。これも事実だ。で、かかる世の海を漕ぎゆくうち、「商品価値」と「己にとっての価値」とのちがいがわかることが、大人になる楽しさである。(pp.216-217、【】は本文では傍点)

最新号の『考える人』(特集:家族ってなんだ?)に載っていた平松洋子の連載で「栃尾のあぶらげ」がとりあげられていて、そのウマそうな写真を堪能したあとだったので、著者が「本棚は栃尾のあぶらあげの色のような色をしている」(p.99)と色の喩えに使っているところが印象に残るのだった。

犬の毛色の喩えも、凝ってるなーと思った。

(1/12了)

※『昭和の犬』のことは、「乱読大魔王日記」のラスト1つ前、We187号で書いた。

2014/11/03 11:10

投稿元:ブクログ

『昭和の犬』しかり、ただでさえ犬好きな私は
こういう作品を読むとますます犬が
可愛く思えてしょうがない。
あとネコの「シャア」との別れが切なすぎる。
姫野さんの自分に対しての
過小評価ぶりも共感できてしまうし
ずっと読んでいたい心地よさ。

2015/05/17 11:28

投稿元:ブクログ

直木賞作「昭和の犬」とリンクした私小説。著者がいかに犬好きかが伝わってくるお話に癒されます。そして「ひと呼んでミツコ」や「ツ・イ・ラ・ク」の著者がこんな内容の私小説を描かれるとは何か感慨深い気持ちになったり。個人的には「リアル・シンデレラ」で直木賞を取って欲しかった。

2014/10/13 17:10

投稿元:ブクログ

昭和の犬が面白かったから、出てすぐ読んでみた。

はじめに、でわかったのは、昭和の犬の主人公が姫野さんご自身を軸にして書いた自伝的小説ということ。
そして、この近所の犬は姫野さんの私小説。より事実要素が多い、のだそうです。

まず、そのことに驚いたわたしです。あの気を使う幼少期、変わったお父さんとお母さん、、、

踏まえての犬見(姫野さんの造語・飼える環境にない為近所の犬を愛でる)の10章です。表現が大好き。面白くて面白くて。なのに、唐突に涙ぐんでしまう。そして泣き笑い。
ラニとロボの人懐こさも良かったですが、シャア、グレースとミー、の章は特に好きです。幼少期の刻まれた記憶はいつまでも濃く蘇る。読み返し
温かな気持ちにずーっと浸っていました。

オール讀物、2014年3月臨時増刊号をなんとかしつた見たいです!

2014/10/12 19:25

投稿元:ブクログ

シャアの話がセツナイ。ワタシも、小さい頃の生活環境を書き残したくなってきた。昭和の犬から繋がる。主人公は、心身ともにどこか満たされない日々を送っているが、街で出くわす犬とのコミュニケーションで、パッと幸せな時間がやってくる。読み手のこちらも、嬉しい気分にさせられる。

2015/01/23 14:17

投稿元:ブクログ

犬を飼えない著者が、近所の犬たちとの交流を綴る。たまに猫も。

わかる。
近所の動物に片思いする気持ちが私にもよくわかる。
激しくうなずいたり、膝をたたいたりしながら読んだ。

2015/01/18 11:23

投稿元:ブクログ

久々に読んだ姫野カオルコ。変わってなかった。誤魔化しのない性格が好きだ。
犬だって、中型犬以上が好きで、キャンキャン鳴く小型犬は好きじゃないとはっきり書く。でも仲良くなればOKというあたり、同意。「犬」というタイトルは、『昭和の犬』の作家というイメージで売るために、出版社側の意向があったと思うが、猫も2匹入っているのが嬉しい。(また、その猫が、とてもいい猫なんだ。特にシャア。泣けるほど。)
それにしても、おしゃれというものを頑なに拒否し(わかっていないわけではないから、したくないのだと思う)、エステはおろか化粧すらしていない(だろう)姫野さんは、年齢の割にとても肌が美しく、きれいだと思うのは私だけだろうか?
彼女の本を読んでいると、幼いころから自己を否定され続けたので、そういうこと(自分を美しく見せようと努力すること)から離れたのだろうと察するけれども、案外あんまり手をかけずにいても、きれいでいられるのだなと思う。人間50を過ぎれば、その人の精神性というものが顔に現れるからかもしれない。
そんな美しい精神を持った姫野さんがよくわかる、爽やかな本だった。(もちろん、文章がとてもいいからです。)

2015/01/02 18:29

投稿元:ブクログ

読みながら、何度声を出して笑ったことか。
姫野カオルコと同年代でよかった。
タミーちゃん持ってたし。
犬好きで柴犬を飼っている私としては、シバが70カブというのが何よりうれしい。

2014/12/14 19:23

投稿元:ブクログ

朝鮮の異常性が未だに気付いていない(理解出来ていない)人が読むべき、一冊である。今まで読んだ保守派の著者による書籍で一番辛口でそして、わかりやすく書いてある。朴クネ大統領の異常性は朝鮮人特有の国民性であり、彼女の発言の一つ一つが巨大なブーメランとなり、刺さっているので笑える。朝鮮人の醜態をほくそ笑みながら読むあたり、私自身もかなり歪んでいる自覚はある。日本に対する愚行の数々。ヘイトだのなんだの、喚いている朝鮮人と在日が1番ヘイト発言をしているあたりも笑える。

2015/03/18 20:42

投稿元:ブクログ

好きだなぁ、これ。

シャアの話が切なくて、それ以前とガラリと印象が変わる。
大人になってはじめて、失ってはいけないものだったとわかる、子どもの愛の脆さが胸に痛い。

「身の丈なりの暮らしにもかなしみの降るとき、道歩けば彼らは必ず贈ってくれる。笑う力を。」

寂しいような、でも幸せなような、主人公の日常が、とても美しい。

20 件中 1 件~ 15 件を表示