サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

名刺ゲーム

名刺ゲーム みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

電子書籍

働くって大変だよね…

2015/09/25 03:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社のお荷物的扱いだったテレビ局プロデューサーが、40才にして初めて番組をヒットさせた。
その時失ったものとは何なのか?

ある日突然、息子の命を賭けた「ゲーム」をやらされる事となり…。

性描写などもあり、想像していたものとは違ったが、飽きずに最後まで読む事ができた。
「これは「ホコタテ」のヤラセ事件のこと?」と思えるような描写もあり、割ときわどいところを自ら突いてきている。

「働くって大変だよね」という事を痛感させられる良作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/18 12:27

投稿元:ブクログ

末席ながらも同じ業界に身を置くものとして、エンターテイメントとして楽しめました。名刺を使ったゲーム、The NAMEの発想が面白いなー。絶対できないけどやってみたくなる。
映画かWOWOWのドラマかにしてみたら楽しいのでは??

2015/03/14 11:07

投稿元:ブクログ

読者を引き込みやすい文章で、かつ所々の雑学がとても面白い。

The Nameというゲームを主軸に、クイズの悩み(出題された人)→回答(その回答に至った人のストーリー)という各々の章の視点も違和感なく切り替えられていて読みやすい。

さすが脚本家と思わせる一品でした。

2015/05/11 15:18

投稿元:ブクログ

 なんか実体験の中から生まれた素材を小説のありきたりパターンに埋め込んで組み合わせたというような一冊のような気がした。

 内容自体は面白く読みこめたのだが何かその中というものがぽっかりと空いた空洞のような感じがするのはどうしてだろう。

 これを映画にしたら果たしてどのような仕上がりになるのだろうか。これもまた一つの楽しみである。

2015/03/30 21:48

投稿元:ブクログ

鈴木おさむ著書というのを何かの記事でみたので読んでみました。
放送作家のこと、業界のこと、色々と詰まっていて面白く読み進めました。
でも、起きている事態というかゲーム、いい感じではなかったですけれども。
最後、こうきたか、としてやられました。

2014/11/15 15:37

投稿元:ブクログ

あっという間に読了。
同じ業界に勤めている身として楽しく読んだ。
ギリギリのチキンレースをしないと面白い番組は作れないのかな…。
分からない…

2014/12/12 12:19

投稿元:ブクログ

芸能界の話を絡めた、息子と父親の家族の話。自分にあった夢のサイズを見つけられるかどうかも才能。夢をかなえるためには犠牲が必要、その犠牲があって、夢がかなった時にはその夢は黒くなっている。誰だって必要悪のポイントがある。それをうまく使えた奴の勝ち。

2015/01/04 23:38

投稿元:ブクログ

鈴木おさむ著書ということで読んでみました。このかたの最近のテーマが詰まっていると思いました。考え方がすごく新鮮というか、放送作家の知識量、イメージ力を短時間を描いた長編小説物から
体験させてもらった

8 件中 1 件~ 8 件を表示