サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/03/15 09:24

投稿元:ブクログ

三井物産の鉱石担当から、落語家に転身した立川志の春さんの話。落語の導入部であるまくらの意味から落語と仕事を語る一冊。メモ。(1)常に気に留めておかなければならないのは、話す側は聞く側よりも多く情報を持っているということです。
…話す側のスピードに聴く側が合わせていたら、頭の中で絵を描くことが間に合わない場合がある。間を空けることや、同じ言葉を繰り返す事が話す側にとってまどろっこしく感じても、理解のスピード差は思った以上にある。
(2)師弟関係の目的は徹底的に気を遣い、相手と同化する経験を身を以て体感する事にある。
(3)人生のステージや自分の精神的な成長に沿って楽しめるのが落語の魅力。
(4)弱さと寛容さ。それが落語で語られる物語の根底にある考え方。

2015/01/13 22:58

投稿元:ブクログ

他の本を目当てに新書コーナーへ行った際に見つけた本です。
落語は興味ありましたが、どうも伝統芸能は
敷居が高いと勝手に思い込んでいるところがあり、
だからこそ好奇心を隠し切れず手にとりました。

年あけ早々、ものすごくためになる本に出会った
というのが読後の感想です。
落語も一度みにいってみたいと思います。
この本の語っていることが間違いでなければ
きっと楽しめるはず!

いくつか印象に残った部分があります。
尊敬する師匠のような存在の人の行動言動を
真似して同化していくことでその人の芸を
自分の中に吸収していく、とか。
なるほど。技をものにするとは、そういうことかと
感心し、私は私の仕事で尊敬しているあの人たちの技を
いただいて自分もステップアップして
いけたらいいなと単純な私は影響されています。

他にも、どうでもいい後輩に対しての態度について
少し触れてあったところで、どきっとしました。
確かに、OKを出せない状態であっても、
「もういいよ」と無理やりOKを出した経験が
あるので、そこは苦笑いするしかなかったです。

せっかくこのような素晴らしい内容の本に出合えたので、
尊敬している先輩たちにおすすめしてみようかと
思いましたが、残念なことに誤字が多すぎて
今のところ私からはおすすめできませんでした。

重版後に修正されていたらいいな。

2015/11/28 10:44

投稿元:ブクログ

三井物産から転職するほど落語に取り付かれて落語家になった立川志の春さんが、運命を変えた師匠立川志の輔・落語の魅力と落語の楽しみ方を教えてくれている。
私も落語にはまってしまった一人です。毎日子守唄として落語を聴いて楽しく寝ている。落語はテンポがいいので、眠くなるので眠れないときにも効果があります。

2015/02/27 09:41

投稿元:ブクログ

気に入ったフレーズ

p. 58 ちょっとやそっとで褒められるような成果なんて、所詮、その程度のものなのです。認められずに悔しくて涙がでそうでも、「いつか認めてもらう」という気持ちをエネルギーにして前進する。そうした心持ちが必要なのだと思います。

p. 65 人間にはさまざまな弱さがあります。完璧な人間なんてどこを探してもいません。しかし、だからこそ愛すべき存在なのです。

2015/04/18 13:31

投稿元:ブクログ

外国の大学を出て商社に入職ののち落語家に転身するという異色の経歴をもつ作者が書いたプレゼン書。
まくらで聴衆の反応を見ながらどのネタをやるか考えるというやり方、確かに私達のプレゼンでも大事だなと感じました。

2015/01/26 09:35

投稿元:ブクログ

ビジネス書に仕立てたのには若干無理があると思うが、イェール大学→三井物産という経歴を放っておけないという(出版)業界の気持ちは理解できる。

私自身落語を聴きに行くと、例え二ツ目であろうとその話術には関心せずにいられないし、落語で描かれる場面においても、ビジネスだけでなく、人生のヒントも散りばめられていると感じる。

本書を手に取るのは既に落語に興味がある人が大半であると思うが、そうでない人は著者も言うように、是非’現場’に行くべきだ。
そしてそれがブラック企業も真っ青の立川流であれば、裏切られることはないだろう。

p.s.晴の輔、志の八は聴いたことがあるが、志の春は(恐らく)まだなので、今度行ってみよう。
そして、現在の肩書きが不要となっていく様を見届けるぞ。
そう思ったのでした。

2016/06/07 12:17

投稿元:ブクログ

イェール大学→三井物産→落語家という異色の経歴。落語家は師匠と同化するすることが大事という意味が理解でき、相手が何を求めているのかなどビジネスシーンでも応用できます。落語とプレゼンテーションの共通点、目から鱗です。

2015/05/18 02:30

投稿元:ブクログ

 そこまでビジネスに活かせるとは思えないけれども、三井物産に勤めていたイェール大学卒業のエリート落語家による落語入門となっている。師匠に同化すること、空気の読み方・捌き方、「相手が何を求めているか」という当たりをつける、語る内容と相手の頭の中をリンクさせる、それから落語に必ず登場してくるキャラ分けリストが参考になった。
 この本のまくらとして使われているP4からの文章が、滅茶苦茶面白い。ゲラゲラ笑いながら読んだ。やっぱり落語的な笑いというか、毒のある笑いの勉強をしなきゃなぁと思った。

2014/12/09 00:19

投稿元:ブクログ

言いたいことがあっても、相手に聞きたいと思わなければ何の意味もない…

この本では落語の魅力と、それをビジネスにどう活かすかが紹介されている。
で、肝心の著者が只者じゃない。
帰国子女で商社マン、エリート街道まっしぐらだったのにもかかわらず、落語にハマってしまい、退職して落語家になってしまったのである。

著者によると、落語の魅力は人の弱さを認めつつも笑い飛ばすこと。
そして、師匠や兄弟子、お客さんの立場になって行動やネタ、話し方を考えること。

海外で過ごしていた頃の著者は、周りが凄い人ばかりで、自分の独自性が分らず、劣等感を感じていた。
だけど、人の弱さを認めるという落語の文化性が、寛容性を養い、グローバル化のなかでの日本の強みになるのでは、とのこと。
そして、自分を捨てて相手の立場になりきることで、初めて人間関係が成り立つ。
アメリカかぶれは、成果が全てであり、自己主張し続け、論理性さえあればうまくいくと思いがち(自分もそういう考えだったけど)。
だが、落語では真打ちの噺こそが肝であり、前座や二つ目が出しゃばっては元も子もないのである。

このように、この本では落語とビジネスの関係性が述べられており、今までに無いような企画だと思う。
とはいえ、タイトルにある肝心のプレゼンについては、間とかリズムとか、わりと当たり前のことしか書かれていないのが残念。
あと、著者の経歴についての話もやたらと長かった。
でも、ビジネスマンから落語になるっていう経歴は、なかなか無いと思うので、別の書籍で触れられるといいと思います。

9 件中 1 件~ 9 件を表示