サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

遙かな道

遙かな道 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/23 09:49

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。
http://boketen.seesaa.net/article/412150686.html
津村節子の対談集。多くの編集者や作家との対談で、吉村昭の思い出や自身の作家生活をふりかえっている。
なかでも、大河内昭爾が、「司馬編集者や遼太郎の史談小説、吉村昭の史実小説」という定義をしている対談が興味深い。平易だが的確な定義だ。

2014/10/28 14:31

投稿元:ブクログ

夫・吉村昭への想い、尽きることなき文学への情熱。作家として妻として、しなやかに歩み続けた遥かなる歳月。瀬戸内寂聴、佐藤愛子らと語り明かした、果てしなき人生の情景。感動の対話!

2017/03/05 04:04

投稿元:ブクログ

津村節子さんの初めての対談集「遥かな道」2014.10発行です。佐高信、佐藤愛子、瀬戸内寂聴、吉村昭諸氏等との対談が収録されています。対談内容のメインは吉村昭氏に関することです。これまで吉村昭さんの作品は「光る壁画」「破獄」「死顔」など21冊、津村節子さんの作品は「さい果て」「紅梅」「遍路みち」など10冊読んでいたので、対談の内容もよく理解できました。最後のご夫婦の対談「心ひかれる北国の風景」(旅、1970年7月号から)がとても良かったです(^-^)

3 件中 1 件~ 3 件を表示