サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/09/26 20:19

投稿元:ブクログ

未読のペレーヴィン。早く何かを読まなきゃ、、、何にしよう?

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309206639/

2015/01/31 20:37

投稿元:ブクログ

ロシアのポストモダン作家というとソローキンの名前がよく挙がるが、ペレーヴィンも同じく重要な作家だろう。
露悪的な悪趣味さを隠さないソローキンと違い、ペレーヴィンは一見、『普通』っぽく見えながらも凝ったテクストを積み上げて行き、本作でもかなり凝っている。そういう意味ではとっつきにくいタイプではあるのだろうが(とっつきやすさという意味では前作の方がいい)、一種の中毒性を持っているように思う。

2014/10/28 14:31

投稿元:ブクログ

記憶を失って彷徨うT伯爵の前に襲いかかる謎の敵たち。伯爵はトルストイになり、ドストエフスキーと対話しソロヴィヨフに幻惑される……世界最強の文学者の戦慄の巨編。

3 件中 1 件~ 3 件を表示