サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし

立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/20 17:08

投稿元:ブクログ

著者の弟子吉治郎(でし・きちじろう)は、テレビ局でラジオやテレビのディレクターとして働く一方、上岡龍太郎の弟子になり、上岡の独演会の構成演出、寄席プロデュサーとして活躍、著作も多い多彩な人物だ。
談志が天国で、志ん生と三平に再会するという序章からぐっと物語に引き込まれ、最後まで読み通してしまう。「芝浜は、カミさんばかりに目を向けていると、本質を見誤る、カミさんが主人公じゃなく、「対」なんだよ」というセリフ、談志が最後の噺として書き上げていく「鬼不動」とその演出。とてもドラマティックで、談志ファンのみならず、落語好きに勧めたい1冊。

2014/10/28 14:33

投稿元:ブクログ

落語の革命家・立川談志。その核心は、業の肯定とイリュージョン。談志の神髄を、「今」の談志に尋ね、志ん生、三平との座標軸の中に解き明かす試み。

2 件中 1 件~ 2 件を表示