サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

ギルドのチートな受付嬢 1(モンスター文庫)

ギルドのチートな受付嬢 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

今後に期待したい作品

2016/01/15 01:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅもっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はチート能力を授けられて異世界に転性&転生した主人公イリアが紆余曲折を経てその異世界に対してどのような立ち位置を貫くようになったかを、日々の受付業務や時折巻き起こる事件を通して描いた物語。※尚、『紆余曲折』の部分は本編ではほぼ語られません。

巻が進むにつれて明らかになる各種設定は、史実、種族、自然現象、生態系から神秘に分類されるものまで、『因子』と呼ばれる概念を基に巧みにまとめられている。

一方で、文章はやや読み辛くシーンとシーンの切り替わりも唐突すぎる箇所があるなど、あえて辛口に評価するなら全体的に拙い。

また、前述の巧みな世界設定が引かれているが故に掘り下げ不足の印象を抱かせるが、これは長所の裏返しだろう。

今後に期待したい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軸が無い

2014/10/10 20:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

いったい何がしたい?
ストーリーがバラッバラで軸が無い
キャラもひとつも面白くないし、あっちへフラフラこっちへフラフラ
プロローグ的な感じではあるが、話の方向性がないのでまったく期待が持てない
まず日常モノとしてのスタンスをきちんと作らないと全然駄目

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/04 17:44

投稿元:ブクログ

なんというか、その設定必要?って言うくらい、転成前の状況が描写されていないという。(^^;
今後、なにかしら本編で語られるんですかねぇ?
せっかくの設定が自慰的なだけになっているのが残念な一冊でした。
ファンタジーとしてはよくある「俺つぇぇ」的な話だし、面白くないわけではないけれど、商業出版するには別段特徴的ではないので、企画的にどうかなぁという感じでした。
しかし、「小説家になろう」って、これで「大人気」になるんだ……。

2014/10/05 03:00

投稿元:ブクログ

普通だったらいの一番に語るであろう、帯にも裏表紙の粗筋にも堂々と書いてある根幹要素が、本編中では「チート能力」のバックボーン程度に留めてあるのには正直感心した。
あくまでもイリヤはこの世界の住人としての主人公であり、かの土地に(浮きつつも)根付いた存在(しかもエルフ)であり、なおかつ美少女であり。それでいて元々はこちらの世界の社会に揉まれた男子であるが故に、読者側の視点としても移入しやすく、しかしながら「前世」の直接的な思考は一切漏らさず、あくまで「イリヤ」という女の子として違和感のない性格設定言葉遣い。更には元男だから恋愛対象は男に向かず、百合上等。という、相反しまくった要素が「裏設定」一つで賄えてるんだから、うん、巧いわ。
表紙と「元男の転生モノ」という設定に惹かれて買ってみたけど、いい意味で見事に裏切られた感。大当たりです。
物語も「チート冒険記」ではなく、それを経た後の、腰を落ち着けた「ギルド組合の受付嬢」という立ち位置に収めたことで、剣と魔法のファンタジー世界でありつつ、元の知識を活かした食・文化・街の発展モノとして楽しめるんだからスキもないわ。

2014/10/27 21:27

投稿元:ブクログ

神様のミスで死んじゃった主人公は神様にチート能力を授かり転生することになり、エルフや獣人、魔法や剣のRPGのような世界の住人になるが、何故か性別が女の子になっていた。

転生した世界で傭兵ギルドに所属し、とある支部で受付係をしている主人公、、、なんですが
このチート能力についての説明が、本の裏に書いてあるあらすじにしか書かれていない。
なぜ主人公が死んだのか、どうやって神と交渉したのか、チート能力を得た経緯、転生してからギルドの受付になるまでの出来事。
その全てがはしょられています。
で、登場人物もそのはしょられた時間で出会ったであろう人がバンバン出てきておいてきぼり感が激しい。
さらにチート能力が本当にチートすぎて、主人公ひとりいれば全部解決するじゃん、ってことばかり。
でも、あまり自分で動きたくない主人公はあくまでギルドの受付としてサポートに従事するだけ。
その辺の理由とかが、はしょられたとこにあると思うんだけど説明がないから共感できない。

この先の展開は、全能の主人公がチート能力を駆使して・・・とかじゃなくて、周りの人をサポートしつつ成長させて、周りじゃ無理な問題をチートでそっと解決。
っていう流れになると思う。

ここまで否定的な意見だったけど、雰囲気はダン間違と似てるので個人的に好きです。
小説家になろう作品らしく、大幅改稿したみたいなので
原作見ればその辺解決するのかも。

5 件中 1 件~ 5 件を表示