サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

さみしくなったら名前を呼んで

さみしくなったら名前を呼んで みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (12件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

地方女子のリアルな心情が秀逸。

2016/05/18 01:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は短篇集。
前作よりも脚色が少ない分、落ちついて読めるし、作者のセンスがびしばし
伝わってくる。大化け期待大の作家さんではなかろうか。
ネットで検索したら、本人のブログや地元とのタイアップ企画のページ
などがヒットして、この人のベースが分かって面白かった。
楽しませることが好きな人らしい。でも観察眼は鋭いよ。

自分も田舎町出身だから、この作品の感覚は手に取るように分かる。
人間は自分の身の回りをものさしにして判断する。
だから田舎の人は、TVの世界を横目で見つつも、まあこんなもんで
いいんじゃね的な馴染み感を持っている。

別に都会に勝とうとも思っていないし、有名デパートがなくても悲惨な
気分になることもない。でも、うらやましくは思う。
だから都会は憧れる対象であって、自分の町がダメだと評価する
ものさしではない。

この作品にも出てくるが、田舎から都会に出た人のほうが、よほど地元を
田舎扱いする。ずっと都会に住んでいる人は、田舎には関心が薄い。
自分の感覚で申し訳ないが、そんな感覚が多数派ではないかと思う。

「でもあんた、スゴいよね、東京とか」
「……」
「まさか本当に行くなんて思っていなかった」

主人公にそう語りかける昔の友人は、なんだか充実しているようにも
見えるし、都会にコンプレックスを持っているようにも見える。
でも、じつは、田舎という守られたバリアの中でぬくぬくしている、
そんな感じを作者は見抜いている。

だって田舎は楽だから。
田舎が人里離れた山の中なんてのは民話の世界。
田舎といっても都市部と周辺町と散居村があり、人数的には市街地に
住んでいる人が多くて、可もなく不可もなくの生活を、
刺激が足りねー給料やすいーなんて言いながらぬるま湯につかっている。

もちろん、田舎のバリアの中の居心地が悪ければ、都会という憧れの地に
飛び出したくなる、そんな感覚か。
でも、大都市部から見ると田舎なんて十羽ひとからげだし。

いいとか悪いとかではなく、そんな真実をえぐってくるあたりが、
そしてそんな状態をいろいろと考えてしまう登場人物たちが、
なんともリアルで面白いのである。
海外に行けば、日本で都会ぶっているのなんてまさに島国根性なんだよなと
思っちゃうのだが、上から目線すぎる感覚だけど、自分のアイデンティティー
にもつながるような気がして意識してしまう。
オールニッポン、自分の中では都会も田舎もないんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/16 18:16

投稿元:ブクログ

よい紙。MDノートダイアリーみたいな。万年筆でも裏抜けしない。試し書きしたくなってこまった。
内容も悪くなかった。すごくよかった。モーニング娘。の下敷き、原節子、ブサイクリーマンとか小物使いもうまくて、「あたし」なところもよくて、「あの感じは悪くなかった。すごくよかった。」って言い回しもいい。これべっぴんさんしかかけないと思う。ナオコーラとかがかいたらひがみっぽくなると思う。コーラがどうってことじゃないですよ、ナオコも好きですよ。

2015/06/15 20:58

投稿元:ブクログ

故郷がどこかを言えず都会で頑張る女性、ギャルファッションを貫きクラスで浮いている女子高生、何で収入を得ているのかバブルを引きずっている謎めいた夫婦など、11の短編集。
とても読みやすく面白かった。
24時間営業のレンタルビデオショップでバイトする女子高生の目を通してバイト仲間たちを描いた「人の思い出を盗むな」が一番面白かった。
この作家さん、タイトルの付け方が上手いなあ。
(図書館)

2016/07/08 01:05

投稿元:ブクログ

山内マリコさんのパンチの効いた文章は今作でも素晴らしく、
だけれども
さびしくなってしまう、
というかヒリヒリする、というか。
そんな短編集。

渇望して、でも望んだものが手に入るとは、なりたい自分になれるとは限らなくてー

そんな途方もない気持ち。

「走っても走ってもあたしまだ十四歳」
がとても切ないんだけど、いちばん好きです。

あとは、とある短編の中にFMヨコハマでお馴染みの小山薫堂さんの名前が登場してクスリとしました。笑

✩読んだきっかけ
山内マリコさんの「ここは退屈迎えに来て」が好きで久しぶりに読みたくなって、
他の著作も読みたいと思ったから。

2015/05/06 17:42

投稿元:ブクログ

女子高生、田舎から都会へ出た女性・・など若い女性のショートストーリー。
冒頭の「さよちゃんは~」から女子の心情描写がリアルだった。気詰まりな空気感とか。
装画:山下陽子「星の誕生」

2015/05/12 01:39

投稿元:ブクログ

山内さんって、ネーミングセンスが抜群ですよね(最新作の『かわいい結婚』とか普通のもあるけど)。このタイトルと装丁見ただけで痺れる。
どの主人公も自分を見ているようです。自分と違うタイプの子もいるんだけど、くすぶって鬱屈してる感じとか、わかるわかるって何度も頷きたくなります。私も地方出身で、年齢が主人公たちと近いから余計にかな。日常の些細な事柄や感情から派生して、人生とか生き方とか深いことまで考えてしまう。なんか切ない。
あと、お店やアーティストやゲームやブランドなど、登場する固有名詞がこれまた効果的。本当に上手いなぁと思います。

2015/11/06 22:15

投稿元:ブクログ

リアルな小さなお話1 1編入り。

主人公たちがとても可愛く愛おしい。
失敗も焦りも哀しみも青春、そんな小説だった。

2014/11/11 21:42

投稿元:ブクログ

デビュー作が気になりつつ、読んだら切なくなりそうだと後回しているのだが、ついこちらを先に読んでしまった。好きだわ。
同じ歳ということもあり、出てくる用語とか諸々いちいち分かりやすくてやっぱり切ない。いよいよ読まなきゃか。うう。

2016/06/27 03:29

投稿元:ブクログ

デビュー作「ここは退屈迎えに来て」がハマったので、期待して読んだけれどこれはいまいち。
心に残らず、内容もすぐ忘れそう。

2015/02/17 20:24

投稿元:ブクログ

ケイコの東京での生活を満喫しつつも、川越出身という後ろめたさを感じつつも川越への愛に溢れた「ケイコは都会の女」がショートショート並の短さに凝縮されていて一番よかった。
全体的に芸能人や映画のタイトルだとか、リアルなモノが出てくるので想像しやすい。
あと、タイトルがすごくよいのに、それにつながる表題作がないのが残念。

2015/11/18 20:15

投稿元:ブクログ

幸せのトレンドは時代によってコロコロ変わります(そう、まさにファッションのように!)。DINKSの時代は遠い昔に終了し、たとえば今なら”可愛い子どもがいる”ということは幸せに不可欠な要素とされ、それが”可愛い犬”となると、その幸せはややランクダウンしたものと見なされてしまうご時世です(ちなみに”可愛い子ども”も赤ちゃんのうちが最高レベル。成長して思春期に入ると、その家庭の幸福度はぐっと下がったものと見なされます)。

2014/12/23 22:35

投稿元:ブクログ

ラストの「遊びの時間はすぐ終わる」で★4つに。
前作2冊に続いて、どれもタイトルが秀逸。
そして、装丁が気に入った人にはきっと小説自体も響くと思う。
本文の文字色も好き。一瞬、視力が落ちたかとも思ったけれど。

2014/11/05 21:14

投稿元:ブクログ

ここは退屈迎えに来てで好きだなって思った人はこの作品も絶対気にいるはず。山内さんはこのくらいの短編が一番上手に面白く書けるんだなと再実感。アズミハルコ〜が個人的にはイマイチだったので。地方都市小説第二弾といったところかしら。わたしは東京生まれ東京育ちなので見方が違うかも知れないけれど、燻ってる感がとにかく巧妙。いいねいいね、と思いながらひとつひとつを読みました。おすすめ!

2015/05/17 11:03

投稿元:ブクログ

山内さんの書く女性はいつもリアリティがありすぎる。都会にも田舎にもうまく馴染めない。田舎のさびれた巨大なスーパーだったり、上京組はつい共感してしまうキーワードばかり。変わりたいけど変われないでも変わりたい、短編だけど濃密な本で満足でした。

2015/02/16 21:16

投稿元:ブクログ

読み始めたら止まらなくなり、久しぶりに一日で読み終わった本。文体はかなり軽く、すらすら読める。内容も良く言えば今風、悪く言えば俗っぽい。
しかし、しかし。一番始めの作品のタイトルを見れば、その痛切すぎる薄っぺらさはわかってもらえるだろう。「さよちゃんはブスなんかじゃないよ」である。うっ、うっ(涙)。

見える世界が全てだったあの頃の閉塞感と絶対感、でも振り返ってみると全てがあまりにフラットでびっくりしてしまう。そこに懐かしさなんてものはなく、けれど自分にはあの時間しかなくて、まだ何物かの存在を探し求めている。
寄りかかることを軽蔑しつつ、自分の存在に疑いを持ったまま、いつの間にか大人になっている、今の私。そんな青くて狭くて、でも必死だったあの頃がひりひりと身に染みるとともに、もう自分はあの頃とは違うんだな、ということにほっとする気持ちも覚えた。

許されていた、と言えばいいのだろうか。夢を見ていてよかった、自分もいつか……と思っていてよかった、そんな時間があったからこそ、今の私がいるのかもしれない。当時の私は、それを「許されて」いた、などとは考えもしなかったが。

28 件中 1 件~ 15 件を表示