サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

数学ガールの秘密ノート 数列の広場

数学ガールの秘密ノート 数列の広場 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

シリーズの中でも特別な本?

2015/11/24 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「数学ガールの秘密ノート」シリーズの中でも、特別な本のような気がします。なぜなら、秘密ノートシリーズのシンボルマークに使われている、「Σ」が登場するからです。ただ、Σ(゚Д゚)ガーン!の顔文字で使用されていることは知りませんでした。
Σを使った式の読み方が書いてあることは、本当に有り難かったです。勝手に自己流で読んでいても、特に支障はないのでしょうが、やはり何か物足りない気がしていました。今さら人に聞くのも面倒なので、助かりました。
しかし、いつものことながら、あのミルカさんの態度は気に入らないですね~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2015/08/19 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コンダクター - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい.

総和記号へ恐怖心を持っている人は本書で克服することができるかもしれない.
また,総和記号の形式的操作も載っているので総和記号に慣れている人も楽しめるだろう.

後半,「不等式による評価」の重要性を説いている箇所があり,高校数学を修了した人が読むと得るものがあるだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/06 16:35

投稿元:ブクログ

*****
具体例しか見ていないのに,規則性が見えてくるのはなぜか。(p.1)

規則性が見えてくると,他の具体例も見えてくるのはなぜか。(p.31)

 テトラちゃんはなんて粘り強いんだろう,と僕は思った。彼女は,自分が《本当にわかっているかどうか》に強い関心があるんだ。(p.61)

2014/12/08 20:58

投稿元:ブクログ

数学ガールの秘密ノート・シリーズの第4弾です。
今回はいろいろな数列についてのお話でした。前半はサクサク読めましたが、後半は極限の話が出てきたりして、けっこう難しかったです。
テトラちゃんのシグマが出てくると、Σ(゚д゚)ガーン!の顔文字を連想するには、大笑いさせてもらいました。

2015/02/15 14:32

投稿元:ブクログ

数学ガールの秘密ノートシリーズ、第4巻です。

今回の「数列の広場」では、みんな大好き!?フィボナッチ数列やΣ記号、数列の和の極限といった話題が出てきます。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4826674.html

2015/03/21 23:34

投稿元:ブクログ

数学ガールを読んでると、数学の研究でもしたくなってくる。まあ、思うだけなのだけど。
数列といえば、就活時の記述テストで、数列が並んであって空いている箇所の数字は何かという問題がよくあったなぁ。結構面白かった記憶。そういう問題集ってないのかな。数独とかクロスワードみたいに。

2014/10/28 00:31

投稿元:ブクログ

秘密ノートシリーズの中では難しい気がする。すごく難しい数学を扱うわけてはないけど、いつも何かしら発見があるシリーズだ。

2016/12/24 17:58

投稿元:ブクログ

 数列を学んだときにそれをどういう場面で使うか考えたことがあっただろうか。
 Σ わかりやすいとは言えないこの記号をなぜ使うのか。便利だから。数列を例として書こうとすると途中から「、、、」と書くしかなくなる。定められた記号で表現できる。

 数列をどんどん足していくとどうなるか。ここでははっきりとした答という形に限らず、どういう値に近づいていくと考えられるかが語られる。何かに近づくその値のことを極限という。確かにそこには数学らしからぬ曖昧さを感じる。でも数式をどんどん変換していって、表現を少しずつ変えていくことで極限を見つける。そのプロセスはいかにも数学的。

次の「微分を追いかけて」を先取りする形で積分の考え方が実は既に説明されている。

2014/12/28 14:19

投稿元:ブクログ

Σの概念を分かりやすく説明しています。

Σって、公式を与えられてそれに当てはめて解を出すと言う認識しかありませんでした。世の中、部品だけ与えられて答はだせるけど、なぜそうなるのか分からないと言うのが、どんどん増えている気がします。
その点、この本は解答に至る過程を具体的な数値や考え方で、分かりやすく解説しています。フィナボッチ数列なんかも出てきて、ダ・ヴィンチコード以来でしたが、楽しく読めました。

2015/05/13 21:52

投稿元:ブクログ

 高校の時に数列は習ったが、その時はただ公式を覚えているだけだったなと感じた。数列の凄さ、素晴らしさを感じた。無限級数みたいに無限に続くモノを折りたたんで答えを出せるところがすごいと思った。

10 件中 1 件~ 10 件を表示