サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2016/09/09 11:45

投稿元:ブクログ

【No.214】「課題があるということは、それだけ伸びしろがあるということ」「腕は振るのではなく、肘を後ろに引くイメージを持つのが正解」「練習コースを思い出しながら、”あのコースをもう1周すればゴールだ”というふうに練習で経験済の距離感に置き換えてみると、力が湧いてくるもの」「悪いときに頑張ることが次につながる」

2014/11/14 09:09

投稿元:ブクログ

腹に力を入れて走るのが疲れず走れるコツらしい。
体幹で走るというの腹に力を入れて走ることで体幹周りの筋肉をフルに使えるらしい。

腹に力を入れると背筋が伸びるとあったが逆に猫背になる気がするが。。

走ってるときに自分のつま先が見えるように走る。後ろの人に足の裏を見せるように走るというのはわかりやすくて良いと思った。

2014/10/28 10:16

投稿元:ブクログ

この出版社はランニングをする人がいるのだろうか、ランニングの書籍が多い。が、いろいろなやり方を提唱して、早く走れたり、楽に走れたりする本が多いので、マーケティングとしてランニング本を出し続けているのだろうか。「腹走り」とは、よく言われる「体幹」のようなもの、「体幹」より「腹」と言われた方が意識しやすいと。ランニングのメニューがあるが、サブ3.5とかサブ3を意識しているので、レベルが違いすぎる感じはある。が、基本は一緒なので応用できる。まあ、フル本番1週間前に読んでも致し方ないところはあるが・・・

2017/04/06 09:22

投稿元:ブクログ

「腹走り」というのに興味をもって読んだのですが、それについてはごく単純にお腹を意識して走る、という程度の説明だけでした。

マラソンは7割がメンタル勝負と書かれているように技術よりもメンタルの方を重視しているようです。

具体的なマラソンメニューも細かく書かれているのでマラソンをされている方は参考になるかも。

2015/05/04 15:11

投稿元:ブクログ

著者はウルトラマラソンの世界記録保持者。きっと「腹走り」なる理論は今後のランニングに役立つに違いない...と思って手にしてみましたが、実際「腹走り」の話が出てくるのは第一章だけで、残りの五章はトレーニング方法、最後の第七章はウルトラマラソンの勧め。
正直、タイトルに騙されたと思いました。

2015/03/09 19:57

投稿元:ブクログ

著者、砂田貴裕さんに直接お話を伺ったことがあるので、非常に興味をもち、購入してみました。
お話を伺ったときはとても分かりやすかったのですが、この本では伝わりにくい所もあると感じました。
肝心なポイントは秘密にしている気がしました。実際、お話を聞くと納得できる理論なので、お話を聞いた後に読んだほうが理解が深まると思います。
マラソンではメンタルの強さが必要というのは本としてあまり伝えているものはないので、繰り返して練習することでメンタルの強さを養うことは重要なのではないかと思います。
練習メニューや効率化ばかりのランニング本ばかりなので、自分のタイプに合った練習法と後半のやる気が必要だと改めて再確認できる内容でした。

大抵のランニング本は短い距離からのフルマラソンのアプローチなのに対して、この本ではウルトラマラソンからのアプローチになるところが、長距離走者としては、非常に参考になります。

6 件中 1 件~ 6 件を表示