サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

偶然の日本文学 小説の面白さの復権

偶然の日本文学 小説の面白さの復権 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/06/17 15:03

投稿元:ブクログ

偶然
《名詞、形容動詞》何の因果関係もなく、予期しないことが起きること。また、そのさま。
《副詞》思いがけないことが起こるさま。たまたま。
小学館 大辞泉より

小説の中における「偶然」は筆者による必然である。
にも関わらず、なぜ人はそれを面白い、楽しいと感じるのか。
本書では主に昭和10年前後の文学を軸に「偶然」について述べている。

第一章から第六章までは初出が専門書での執筆だったためかやや難易度が高い。
しかしそれ以後は書き下ろし、投機、ギャンブル、犯罪を中心に据えて論じられるのでわかりやすいものとなっている。
とりわけ第九章では江戸川乱歩の登場により、ぐっと親しみが出てきており、しかも犯罪というまさに偶然と必然の間にあるような主題であるために、非常に理解しやすい章である。

「おわりに」で語られるのが虚構の世界の楽しみ方だ。
結論として著者は「読書の本来的な楽しみこそ、虚構世界への身の委ねに他ならないのである。」と語っている。
それが文学の意味であり使命なのだ。

今、実学がもてはやされている。
すぐに役立つことをなすべき、それ以外は無駄だから縮小せよ、と。
しかし、すぐ役立つことはすぐ役立たなくなる。
例えば、いかに今、iPhone6の操作がすべて完璧にできていたとしても5年、いや、1年たてばそんなことにほとんど意味はない。
荘子について思想を深めることは、文学を探求することは、ピラミッドを研究することは、無駄なのか?
そうではない。
様々な知識に触れ、感じ、考え、話し、記すことは明日役に立たなくても、10年後の自分を支え、その人によって社会が豊かになっているかもしれない。
それを「無駄」と切り捨てることは社会を破壊する行為だ。

だから私は読み続ける。
偶然出会った本たちを。

1 件中 1 件~ 1 件を表示