サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価1.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/04/28 16:35

投稿元:ブクログ

文学研究の立場からのラノベ概説?
切り口が目新しく思えておもしろく読んだ。
所々の誤字・脱字は気にならないでもない。

2015/02/05 13:40

投稿元:ブクログ

この本はライトノベルを起点に日本のまんが、アニメにどのような影響をあたえたのかについて書いてあります。戦前から戦後にかけて色々な出来事があり、その中でまんが、アニメがどのように接続しているのか詳しく書いてあります。この本を読んでいくと日本文化の風景が見えてきます。(外国語学部・外国語専修)

2015/01/25 22:22

投稿元:ブクログ

ライトノベル誕生以前の少女小説、少年小説、ジュブナイルと呼ばれるジャンルの小説についての本。
昔から少女向けの小説には同性愛的な描写が多かったんだなと思った。そこであげられていたのが川端康成の「乙女の港」という作品。正確には中里恒子という人が書いた小説らしい。ゴーストかよ。
江戸時代における出版状況はコミケのようなものだったと書かれていて衝撃。だけど、よくよく考えてみると、さすがにこの比喩は無理やりな気がしてきた。
それと、最後の年表見て知ったけど、少女漫画雑誌の『ちゃお』って『りぼん』や『なかよし』と比べて創刊遅かったんだなと。15年も違った。
後、ボーカロイド小説って読んだことないけど、女子中学生がコアな読者層らしい。これは驚いた。

2015/05/22 13:32

投稿元:ブクログ

2015年4月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 開架図書(3階)
請求記号: 910.26//O28

【選書理由・おすすめコメント】
ライトノベルやアニメからたくさん引用があり、論理的に分析されていておもしろいです
(ビジネス総合学科、2年)

2015/05/29 23:13

投稿元:ブクログ

ライトノベル研究会からの論説単著。会全体の出版物と基本スタンスは同じで、文学研究の手法を丁寧に適用するというもの。豊富な具体例とともにライトノベル前史としての少女/少年小説史を語ることでライトノベル特殊論を退けるさまは見もの。

2015/10/07 20:33

投稿元:ブクログ

かねてより感じていた、ライトノベルを近代文学史と分けて語られる違和感に、一定の解決を与えてくれた。先人の研究との比較や妥当性は検証できるほど勉強していないから分からないが、物語文化の連続性はワシの直感と近しい。

ラノベは独立した文学史を持つのではなく、日本独自のキャラ性が下地にあるというのも面白い。私小説=作者の内面、というのに違和感があるので(自分で書いていても、必ず脚色するし)、私小説すらキャラ小説足りうるのは納得感。

しかし、誤字脱字が多すぎて、不要に読み疲れた。校正さん頑張れ。

2015/05/26 23:52

投稿元:ブクログ

実に胸踊るタイトルの作品であるのに、読んでるとどんどん楽しく無くなってくるのはなぜだろう。

とにかく、自説を強調するためか、やたらと「俗説」を非難するんですよね。それを信じる人達を「カルト」等とレッテル貼りながら。他にも色々ムカムカする部分はありましたが、まぁそれはこの一点で印象が悪くなってしまったため連鎖的に発生した感情の可能性もあるため割愛。

もうちょっと「過去作品、現在作品含め挙げた作品に興味を抱かせるような」記述であったら楽しかったのになぁ、と思いました。

2015/01/01 09:36

投稿元:ブクログ

著者は1979年生まれの文学研究者 兼 作家。

(メモ)
2014年最後の読書はライトノベル研究の本。

【目次】
はじめに
第1章 ライトノベルとキャラクター
第2章 「少女小説」「少年小説」「ジュブナイル」
第3章 "キャラクター"論

8 件中 1 件~ 8 件を表示