サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

八月の蜂起(集英社文庫)

八月の蜂起 みんなのレビュー

文庫 第68回毎日出版文化賞特別賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/11/15 21:37

投稿元:ブクログ

フランス人は、革命を起こしたという自国の歴史を誇りに思っているのだろうか?
フランス革命が世界史に与えた影響は大である。日本にはそんな誇れる歴史はあるのだろうか?この本を読みながら、ついついそんなことを考えてしまう。

2014/10/25 06:26

投稿元:ブクログ

先月(2014年9月)から刊行が再開された、小説フランス革命。
第2部の第2巻(通算11巻となる。)

今回は、タイトルの「八月の蜂起」のとおり、血の流れる話になっている。

フランス革命について、1789年に全てのように考えていたけども、その後数年にわたる混乱や、政治の体制の変化、そして、有名な処刑などにつながっていくのを、この小説のおかげで、時間を追って知ることができる。

その後のフランスがどうなるか、そして、登場人物がどうなるのかをある程度知っていながらも、この後どうなるのか、どういう展開になるのかを手に汗握りながら読んだ。

特に今回は戦闘を含んだ内容でもあり、その臨場感に圧迫されつつ読んだ。

次巻も楽しみだ。

———————
【内容(「BOOK」データベースより)
革命に圧力を加えようとする諸外国に宣戦布告したフランス。しかし戦場の兵士たちの士気は低く、緒戦に敗退。開戦を主張したジロンド派は窮地におちいる。敗戦の責任を王家に転嫁しようと民衆の蜂起を促すも、あえなく失敗。政局が混乱し革命が行き詰まりかけた時、フランスの未来を拓くために、ダントンが、デムーランが、再びパリを起ち上がらせる!革命が大きく舵を切る、運命の第11巻。
———————
【著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)】
佐藤/賢一
1968年山形県鶴岡市生まれ。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。99年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞
———————

2015/02/20 22:55

投稿元:ブクログ

革命記念日と言えばバスティーユが陥落した7月14日だが、それは革命の始まりの勝利でしかなかった。
革命各派の勢力争いを紡ぎつつ、1年後の8月。再びパリは燃える!。

2014/11/03 11:49

投稿元:ブクログ

国内で国外で幾重にも対立状態にあるフランス
フランス対オーストリア・プロイセン
国王対市民、パリ対地方、ブルジョア対非ブルジョア

自己主張ができる様になったからの対立状態なのか?
共和政の産みの苦しみなのか?

歴史では結果は分かっているものの、その時代に生きた人たちがどう考え、何を思っていたのか?
多くの人のモノローグで構成されるこの小説から、その時代の人々の息づかいを感じる。

2014/11/27 21:14

投稿元:ブクログ

複雑な情勢でなかなか全体を理解しにくい。ブルジョアを基盤とするフイヤン派は8月10日の蜂起で完全に息の根を止められ、立憲君主制を考えるジロンド派はいまだ政権の中心にいる。ダントンやデムーランたちは無産階級の支持のもと、第2の革命ともいうべきテュイルリー宮殿進撃と王権の停止を成し遂げ、共和政に舵をとる。ジロンド派とロベスピエール率いるサン・キュロットたち急進派の対立の板挟みになるダントン。だが対立から一気に団結へと事態は向かう。プロイセン軍により国境のヴェルダン要塞が陥落、パリは敵の直接的な脅威に晒されたのだ。この巻の主人公はデムーラン。革命の大義と生まれたばかりの子、ダントンとの友情と家族への愛情、板挟みになるその答えを蜂起に向かうのを止める妻にデムーランは明快に答える。だって、もう父親だから。子供こそ未来そのもの。息子には自由の国を父親として残したい。デムーランはマルセイユ連盟兵とラ・マルセイエーズを歌いながら進軍する。

5 件中 1 件~ 5 件を表示