サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

ばけもの好む中将 3 天狗の神隠し(集英社文庫)

ばけもの好む中将 3 天狗の神隠し みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

自分に

2015/09/29 12:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴっきーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻をよんで気になり購入しました。1巻より面白いかも。3・4巻も買ったのでが回を追うごとに面白くなる気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/25 19:59

投稿元:ブクログ

シリーズ第三弾。

今回は弘徽殿の女御と、宗孝の母上&一の姉上の、過去の話も絡んで、面白みを増しています。
それにしても本当に怖い妖怪(?)は、宣能の側に居る“あの方”ですね・・・何をたくらんでいるのか、今後の展開が気になります。

2016/02/26 13:46

投稿元:ブクログ

きのこに始まり、天狗に終わった第3弾。宗孝の母と一の姉、さらには弘徽殿の女御との過去話が出てきてより深みのあるお話になってきましたねぇ。まだ登場してない姉上はいるのかしら…そろそろ人物一覧を付けてほしい気もします^^

2015/07/05 20:47

投稿元:ブクログ

面白かったです。めちゃくちゃ面白いってほどでもないんだが、段々登場人物に愛着が湧いてきて、読んでて楽しいです。初草がかわいいんだよなあ。

2016/02/12 21:19

投稿元:ブクログ

第三弾
姉ばかり12人もいれば結構個性のある登場人物になるか
帝の妃のねたみを買う8番目の姉と主人公の母
背後に何か悪が?、変わり者の10番目も含め?

2016/09/16 02:35

投稿元:ブクログ

平安きのこスペシャルだー!!!
そんな三巻でした。今日も宣能さまはお気に入りの宗孝くんを連れに連れまわしてばけものめぐりです。怖がっている宗孝くんを見るのがとっても楽しい、宣能さまったらまったくもう、いけず。
天狗やらみなさんの過去やら、裏で手を引いているひとやらわらわらたくさん出てきましたが、十姉さまが最強なのは変わりませんでした。さすがです姉上。
いざってときにはがんばる宗孝くんかわいいのでした。雅平くん、おもしろすぎ。

2016/01/12 21:36

投稿元:ブクログ

ばけもの好む中将シリーズ、3作目。

前半の短編でバラまかれた伏線が、後半の天狗話で上手く回収されている。意表を突くようなタイミングで宗孝の姉たちが登場したり、シリーズ1作目では思いもつかなかった面白さが出てきた。
更に、ただ怪異の謎を解いていく話で進められていくシリーズかと思いきや、右大臣の思惑など平安貴族の政争にまで絡んでいきそうな気配。今後のシリーズ展開が俄然楽しみになってきた。

2014/11/24 19:12

投稿元:ブクログ

なかなか早めに出てくれて嬉しい3作目!
姉上達に押されて影が薄目だった母君にスポットライトが当たりましたね。
そういう関係性だったとは…。
続きも楽しみなのですよ。
そろそろ闇に歌えばの集英社文庫化の続きも出ないですかねぇ。

2015/01/09 15:05

投稿元:ブクログ

相変わらず主人公が素直で可愛い。それに尽きる。パターンだとわかっていても、メロンパンナに対するロールパンナのように、主人公が困ると必ず助けに来る十の姉君。黒幕にあの方。それでも、続きが出ればきっと読むけど、欲を言えばもう少し、捻り(意外性)が欲しいかも。

2015/01/13 14:33

投稿元:ブクログ

(15-7) 今までいやみな敵役にしか思っていなかった弘徽殿女御の昔のこと、プライドが高い彼女の屈辱感などを知ったことで、ちょっと彼女のことが好きになったかも。あちこちつながりだらけで、後宮の世界は狭いな。

2014/12/13 22:27

投稿元:ブクログ

各章ごとに完結しているのだけど、最初から最後まで通して読むとさらに太い伏線が張られている。

宗孝のお姉さんは、みんなキャラが様々でおもしろい。
時間ではどんな姉上がでてくるのかしらん。

2014/11/28 00:06

投稿元:ブクログ

第3巻を読破。

短編4章構成の1冊ですが、1冊にかけて仕掛けがあるのでやっぱりおもしろかったです。

最初の「茸―くさびら―」の怪異っぽいものはすぐピンときました。

茸といえばやっぱりね、これだよね、と。

というかやっぱりここでも登場するか、宗孝くん一族www

今回は尼さんになった二の姉上さんが登場しました。

11人もお姉さんがいると、実母さんと近い年齢のお姉さんがいるんだよね。

それはそれで、お母さんが他にもいるような、そんな複雑な心境の宗孝くん。

中将さまにお姉さんたちを会わせるのも勇気いりそうだなあ。

気恥ずかしさが先にきそうです。



小人さんの怪異を早々に看破した中将さまは、宗孝くんにさわやかに茸の羹をゆずってww

ちょwww 中将さまwww

ってなりました(笑)

この中将さま、案外強かですよww

そしていっつも振りまわされてるのに、素直に従っちゃう宗孝くん。

ああ、この子は本当に……中将さま兄妹に気に入られるわけですよ。

全身全霊で~って言葉に噴きました。

思わずツイッターで宗孝くん……と同情ツイートを投下してしまうくらいでした。

いやあ、楽しそうでなによりです、中将さま兄妹。



あと今回は宗孝くんのお母さんに関連する事柄も関わってきて。

読んでいてやっぱり、

宗孝くん一族ぇ……

となりました(;^-^)

あれ?

宗孝くん一族ってわりとすごいところまで食い込んでないか?

あと十の姉上の正体も気になりますね。

やっぱり裏組織と関わりを持っているのかしらん?

うーむ、謎多き女性だ……。

あ、今回は宗孝くんも活躍してますよー。

いつもだったら怪異に怖がってる彼ですが、中将さま兄妹の癒しキャラとして立ち位置が確立してって。

中将さまと一緒になって怪異を演出したりとかww

大立ち回りするシーンがあるのですが、そこで「ああ、そういえば彼、武官だったっけ?」となりました。

で、舞も得意、と――

中将さまとの共同作業、すてきです。



最後まで読んでって、ラストのラストで思わず、

「おのれ、狸!!」

と叫んでしまいました。

今まで黒幕は宗孝くん家と思っていたけれど、黒幕の黒幕が……い、た?

((゚Д゚ll))

それにしても――

あとがきがなかったですねー。

あとがき好きなのでちょっと残念。

でもこういうあとがきないのを見ると「ああ、ラノベレーベルじゃないんだな」って思いますね(;^-^)

次回作も楽しみにしています!

2015/05/31 15:13

投稿元:ブクログ

シリーズ第3弾。
短編連作で、今回のテーマは天狗。
一話目で幻を見せるキノコが出てきて、人為的なものか妖なのかという終わり方をする。
二話目は妖ではない人の話なのだが、またそのキノコが絡む。
3話目、4話目で天狗が現れるが、キノコとも絡み、弘徽殿の女御の過去や宗孝の姉、母との関係も明らかに。
だんだん明らかになっていく人間関係、それぞれの人柄など、ここからまたどのように繋がるのか続きが楽しみになってくる。

2015/09/23 23:20

投稿元:ブクログ

緩めの伏線としっかり回収。読んでいて不思議な後味の物語。「右兵衛佐」と呼び掛ける左近中将がの色気がすごい。

2016/09/24 21:11

投稿元:ブクログ

うーん、今回も一気読み!面白かったです!弘徽殿の女御、すんごいプライド高いわーと思うけど、そうあるべしと育てられるのも、また辛いことだよね…かわいそうだなぁとも思うんです。しかし、宗孝の一族って、何気にすごい人材の宝庫なのでは…ほんとに、一族そろって、楽団やってほしいです笑。

22 件中 1 件~ 15 件を表示