サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

ウドウロク

ウドウロク みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.3

評価内訳

44 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/05/18 23:01

投稿元:ブクログ

現役NHKアナとは思えない、ぶっちゃけぶり。
ユーモアを交え、時にめげそうになりながらも進んでいく。
その率直な思いに、涙することも。
黒ウドウ発言は、アナウンサーらしからぬところが新鮮で、清々しい。
飾らず、赤裸々に語られたエッセイで、改めて人柄の魅力に触れられる。

2015/08/09 23:09

投稿元:ブクログ

トークもすごいが、文章もすごい。
面白かった。
せつなくもなったが、とにかく笑かしてもらった。
美しい方なのに、なんでこんなに面白いのか。

私が一番好きなアナウンサーはウドウさんです。

2016/10/03 14:59

投稿元:ブクログ

周りに気を使い、空気を読みつつ
相当クロいことをサラリとおっしゃるNHKアナウンサーの有働さん♪
有働さんが今日は何をやらかしてくれるのかと期待を胸に、
毎朝せっせとNHKにチャンネルを合わせています。
気取らず正直に、でも驕ることないわかりやすい文章は
普段の有働さんそのまま。
面白くて一気に読んでしまいました。

2015/07/30 11:47

投稿元:ブクログ

NHKアナウンサー有働由美子さんのエッセイ。
ウドウロク(有働録)なのだが、反対から読むと、
クロウドウ(黒有働)ってことで、赤裸々な内容で面白かった。
のっけから「ワキ汗」の話題とか、最高。
他にも・・・
「いちばんの人」
「本と酒」
「私の個性、私が思う個性」
は、特に面白かった。
また、「クロウドウ語録」は必見。

2015/09/20 22:16

投稿元:ブクログ

私が思っている常識は、どこまでが常識なのか。
私は、がんばって会社に行く。言いたいこと、理不尽なこと、辞める理由がいっぱいある。それでも、私は行く。なんとか行く。それだけでえらいんだと、夜ひとりつぶやく。

2015/09/21 20:37

投稿元:ブクログ

自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけあるシロい部分も、包み隠さず書いてみました-。NHKのアナウンサー、有働由美子が、「わたしの好みの男性」「嫌われてもいい、なんて、噓だ」「わき汗騒動」などについて綴る。

いきなり「わき汗」から始まる。いいのか?
NHKアナウンサーとは思えない文章。
NHKアナウンサー,どんなイメージか(苦笑)。

分類表を見て「6」産業?と思ったが,「699」放送業・・・,なるほどね。

2016/01/07 00:13

投稿元:ブクログ

有働録=ウドウロク、逆から読むとクロウドウ=黒有働。思ったより全然黒くなかったよ、有働さん!
特に心に残ったお話は「それでも行く」「母のこと」「本と酒」「私の個性、私が思う個性」「不妊治療」……挙げると切りが無さそうです。ひとつひとつのエピソードに、必ず良いなと思えるところや文章がありました。
『あさイチ』が始まってから親しみを持って見ていましたが、もっと好きになりました。これから有働さんは、私の尊敬する人物の一人です。

2015/04/11 20:26

投稿元:ブクログ

「飾らない」を押し出す芸能人は多々あれど
この方は本当に上手に肩の力が抜けているように見える。
そのまんまの飾らない、でも賢い
白黒さらけ出しのエッセイ。

【図書館・初読・4/11読了】

2016/02/02 23:17

投稿元:ブクログ

【No.36】「大切な人無しで日常を丁寧に生きるのは難しい」「いいときはいいときの、悪いときは悪いときの景色を味わえばいいのさ。そのときどきの景色を味わえるというのは、人生にとって面白く、まったく幸せなことだ」「自分と関わった人の感情を、絶対に放置しない。そして、全員が笑顔であることを望む」

2014/12/15 17:16

投稿元:ブクログ

名前が似てる・多汗症・低音ボイスなど、勝手に共通点を見出し勝手に親近感を抱いている有働アナのエッセイ。あさイチ大好きです。
自分が定期的にぶつかる、「仕事でついズケズケゆっちゃう」ことについて少し書かれていて、「ですよね!」と安心したけど、ズケズケ言うにはまだ早いか年齢的にも立場的にも…?でも、言える立場になれることはないし。だったら言うしかないやんけ(この選択が間違いなのかしらん)。
仲良しごっこしに来てんじゃねえ!と心中で叫ぶこともままあるが、女性が多い職場となるとそうも言うてられへんわよね。女性蔑視だわ。めんど。

2014/11/29 22:36

投稿元:ブクログ

有働由美子アナウンサーの本音エッセイ。
軽く読めてとても面白かった。アラフォーの働く女性の
悩みには多くの同世代の人が頷くのではないだろうか。
クロもシロも誰の心の中にもあるレベル。素直で可愛い人だと思った。
亡きお母さんの事を書いてあるページには泣かされた。
天国のお母さんに宛てて「私は元気です」と送ったメッセージ集のような気がした。

2015/03/01 19:24

投稿元:ブクログ

有働さんは男前だし、女性らしいなぁ。
人は弱くて強い、優しくて意地悪とか、それって反対じゃ?ということが共存しているけど、そんな自分のことをさらけ出した本だった。
そして、イノッチは素敵な人なんだなぁ。

2014/12/19 16:42

投稿元:ブクログ

知的美人なのになぜか勝手に親しみを持ってしまい
この方となら肩肘張らずにお付き合いできそうと
思わせる素敵な有働アナウンサーの人柄が
そのまま出たエッセイ。私とはまったく立場の違う同世代の女性の悩みも知ることになりました。

2016/03/14 13:34

投稿元:ブクログ

正直あんまり認識していなかった方ですが、同年代だから興味がわいて読みました。うーむ。エッセーに内容なんか求めてはいけないんだなと思いました

2015/01/21 06:07

投稿元:ブクログ

2015/01/21

有働さん、正直なんだ。
思ったことをオブラートなしに発言してしまうんだ。
単純におもしろかった。
有働さん、もっと好きになった。

装丁が凝っている。
クロウドウが表せていると感じた。

44 件中 1 件~ 15 件を表示