サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

冬を待つ城

冬を待つ城 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/05/05 23:41

投稿元:ブクログ

奥州の歴史物は、多分に人間の魅力で面白いのだろうか?九戸政実の豪快で繊細な人柄、南部信直の朴訥さ、薩天和尚の飄々とした佇まい、読んでいて浮かび上がってくるようだ。
途中、手紙の形で挿入される文が、大まかな歴史の流れを説明しつつ、この裏切り者が誰かという謎も残しつつ、最後に仕掛けに使うという技も見せて、とても効果的だった。

2015/05/12 12:25

投稿元:ブクログ

朝鮮出兵を見据えて奥州平定を目指す秀吉、その軍は15万。九戸政実は3千の兵力で地の利と冬の積雪を頼りにこれに挑む。話は文官である政実の弟、政則の視点で進行する。遠い昔より中央から虐げられてきた奥州人の誇りを胸に圧倒的強者に立ち向かう姿は心地よい。最後は少し尻つぼみ。

2015/07/30 11:23

投稿元:ブクログ

九戸家の4兄弟、政実、実親、康実、政則が秀吉の朝鮮遠征に備えて、厳寒地の状況をよく知っている奥州の民を徴収する計画があり、大群が九戸城に向かっている.同じ奥州でライバルの南部家との確執で話しが展開する.最終的には石田三成の民狩りの計画をよく思っていない蒲生氏郷の機転で政実が企画した和議が成立するが、九戸城での戦闘シーンは素晴らしい記述だ.非常に楽しめた.

2015/04/08 23:44

投稿元:ブクログ

東北地方で起こった未だに謎が解明されていない『九戸政実の乱』。南部家の武将九戸政実が、わずか3千の兵力で豊臣秀吉軍15万の大兵力と立ち向かった無謀な籠城戦。

天下統一の為の奥州仕置き(東北地方の支配みたいな感じね)の真の目的が朝鮮出兵に必要な「寒さに強い兵」を東北地方の村々から集めるという人足狩りであったということ。
これを見抜いた藩主九戸政実がある秘策、これが九戸政実の乱であり、結果人足狩りによる奥州壊滅を防いだと言う物語。

素直に面白いと思う、が、ファンダジー感もあり、いやいや、やり過ぎだろwって感じだが、そう言う解釈も有りなんだと感動。
いやー、歴史小説は本当に面白いですね。それではまた。

2015/02/13 10:37

投稿元:ブクログ

アテルイ以来の東北モノ。九戸政実は初めてみみにしました。歴史は勝者が作るということを改めて実感しました。

2014/12/24 12:11

投稿元:ブクログ

直木賞作家安倍龍太郎が九戸政実を描いた作品。この本を読んで東北はアテルイ、藤原三代、幕末に加えて4回中央政府に負けていたことを再認識。唯々諾々と中央に従うのではなく、東北の民の行く末を考えての身を賭した闘いに胸が熱くなる。石田三成が秀吉の朝鮮侵攻のため東北の領民を徴用しようとしていたことや火薬作りのため松尾鉱山の硫黄を狙っていたなど、藤原三代の財力を狙った源氏との共通点があり深い洞察を与えてくれる。また津軽為信の暗躍や伊達正宗との密約、南部信直との確執、蒲生氏郷との敵味方を超えた親交など歴史ファンも大いに楽しませてくれる。岩手県民必読の書として年末年始の読書に強く薦めたい。

2014/12/16 20:46

投稿元:ブクログ

期待していたけど、少し尻すぼみ感があった。九戸康実の変わりぶりも違和感があったし、途中からファンタジーっぽくなってしまった。

2014/11/03 19:39

投稿元:ブクログ

私は大阪生まれ、奈良県在住ですが、歴史の読み方は一律では済まされないことを痛感しました。松尾鉱山はぜひ訪ねてみたいです。

2016/11/16 02:19

投稿元:ブクログ

これを読んでから岩手に行きたかった。
仕事で岩手に行ったとき、たまたま「九戸政実プロジェクト」の方から教えてもらった九戸政実。日本史が苦手なので、全然知らず、簡単に説明していただいてもピンと来ず、その場を後にしたのでした。
その方たちの熱さに押されて、この本を読んで見た。すごい!東北の人の強さの根源を見たような気がする。
ここも独自の文化を持ち、知恵を持つ人たちが住んでいた山があるので、その人たちの力を背後に置く底知れない強さって想像できる。
日本史に疎い私でもぐいぐい引き込まれた。久しぶり一気読み。

2015/10/10 10:54

投稿元:ブクログ

豊臣秀吉の天下統一後に、陸奥で起こった最大の反乱である九戸政実の乱について書かれた本です。
ただ、主人公は九戸政実ではなく、末の弟である久慈政則となっています。

優位な状況なのに数日で降伏したのかについて、反乱を決意した目的と九戸政実に託された想いが分かると、納得できる感じがしました。

もう少し籠城戦についての描写があれば、もっと盛り上がったかなと思いました。

↓ ブログも書いています。
http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-530d.html

2015/02/15 23:45

投稿元:ブクログ

3.8。面白い。でも面白さの七割は後ろ半分より。あと、書く人の少ない題材な為どうしても「天を衝く」と比べてしまい、エンタメ面で後者に軍杯が上がってしまう。無謀な戦いに挑んだ理由が具体的で良。大和朝廷の成り立ちからの説明も面白い。が、何か時々無駄に主人公の為だけに御都合なのが鼻につく。特にラスト。

11 件中 1 件~ 11 件を表示