サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

麴町二婆二娘孫一人

麴町二婆二娘孫一人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

題名にたがわぬおもしろさ

2015/08/13 19:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これ、いいな、と読み始めてすぐに思い、、最後までその感触が続いた一冊だった。派手なストーリーはないけれど、登場人物がまるでそこにいるかのように生き生きと、鮮やかに感じられる描き方がいい。麹町の一軒の家に、タイトルのような構成で亥年の女たち五人が住んでいるという設定がおもしろいし、おもしろいだけではなく実際にそれが生きている。なぜそんな構成かというと、一婆である富子さんがお嬢さんだった頃の女中のきくさんが今も一緒に住んでいるから「二婆」、更にきくさんの娘と視点人物の美智子さんを合わせて「二娘」、そして美智子さんの娘の真由ちゃんが「孫一人」という家族だから。単なる三世代家族よりもっと複雑に見え、けれどずっとその暮らしを続けてきた者にとっては意外と疑問を抱くこともない関係。そのことが、丁寧に綴られる一家の日常から見えてくる。お嬢さんの富子さんなど、今でもきくさんなしでは成り立たないという感じで、ふたりの関係は友達よりも濃密なのだが、それでいてどこかに線が引かれてもいる。五人それぞれの個性や、年代による感覚のずれなども時にユーモラスに、時にさり気なく描かれていて、その絶妙な匙加減を堪能した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/20 22:25

投稿元:ブクログ

(波2014.11紹介)家族。日常。亥年。2010~2011年。寄る年波、1年の間に家族や友人にいろんな変化があって、そこには辛いことも不安なことも書かれているのに、優しい空気で包まれている。

2015/06/21 19:18

投稿元:ブクログ

ちょっと苦手。
なかなか読み進められなかった。
主題が何なのか最後までつかめず。
あの終わり方にどういう意味があったのだろう。

2015/04/07 21:29

投稿元:ブクログ

書名どおり、亥年の女ばかりの五人家族が繰り広げる日常を描いた作品。特に面白いわけでも、印象に残る作品でもないが、最後は東北大震災で麹町の家が被害を被るところで終わる。男二人が加わる新しい家族の姿を暗示するようなエンディングが、少々物足りなく感じた。

2015/05/25 18:55

投稿元:ブクログ

牛島富子 74歳、娘 美智子、孫 真由の三代の家に、きく 86歳と娘 紀美が何故か同居して、5人の女達が繰り広げる物語だが、場所は東京のど真ん中の麹町.ただ、田舎の風情が漂う古い家が舞台.男はところどころに出てくるが、あくまでも脇役だ.女だけだからこの様な物語が成立するのだろう.美智子の友人のアブの話しが面白かった.

2015/11/20 10:23

投稿元:ブクログ

亥年の女5人が集まって暮らすにぎやかなこの感じは谷崎潤一郎の『細雪』みたいな様相。特に何が起こるわけでもなく日常。日常が非日常へと瓦解していくのがラストだ。そこから新たな物語が始まりそうなまま終わる。

2015/01/28 05:33

投稿元:ブクログ

図書館で。イノシシ年の女の人ばかりの5人の生活。老いていくお婆さん2人を中心に娘さん目線で物語っていく。長かった。「~であった。」口調が少し気になったが面白かったです。

7 件中 1 件~ 7 件を表示