サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

2016/02/04 10:58

投稿元:ブクログ

文学全集なんて・・・!と絶句しないで。このまったく新しいシリーズには漱石も、谷崎も、源氏も古事記も、村上春樹もあります。古典作品は森見登美彦、町田康といった若い作家が訳していてとっつきやすく、この巻の川上弘美訳『伊勢物語』でも、ひたすら恋に泣く男と女の姿が見えてきて古典の印象が変わりますよ◎

2016/02/27 14:41

投稿元:ブクログ

豪華小説家陣による、古典の現代語訳。楽しみだった一冊がようやく読めました。特に豪華な一冊といえるのではないでしょうか。
とはいえ古典。
普段現代文しか読んでない人間に読みこなせるだろうかと不安になりましたが(特に和歌・・・)
心配はありません。歌ばっかりの伊勢物語の、現代語訳なんて、しびれるほどのカッコよさでした。
また、中島京子さんの堤中納言~もおもしろい。とくに虫好きなお姫さまのはなしは、よく知られているからこそ、中島さんの独特の言葉選びがはまってくすくす笑ってしまう。
森見さんの「竹取物語」はある意味鉄板で、男どものどーしようもなさ、かぐや姫のつれなさぶりなどがいかんなく発揮されている。

欲を言えば、もうちょっとそれぞれの作家さん「らしさ」で翻案してもよかったのでは、と思うところだけど・・・とはいえあまりに冒険しすぎたら現代語訳ではなくなるし。
ほどよいところにおさまっていると思いました。

受験生、古文を苦手にしているひとは、特に現代語訳をしっかり読んで頭の中に内容をたたきこんでおいたら古文も読みやすいと思います。という意味でもお勧めの一冊。

2016/01/24 21:23

投稿元:ブクログ

森見登美彦訳『竹取物語』
川上弘美訳『伊勢物語』
中島京子訳『堤中納言物語』
堀江敏幸訳『土左日記』
江國香織訳『更級日記』

こんな、宝石の詰め合わせがあって良いのか⁈
発刊を待ちわびていたし、読むのもドキドキ。
それぞれに訳者の持ち味があって、とにかくすごい。

きちんと全文収録されているのも、嬉しい。

中でも、川上弘美の『伊勢物語』は鳥肌モノ。
歌物語の真骨頂というか、とにかく、和歌の訳し方が素敵すぎる。
言葉の数を少なくしながらも、今の感覚を添えてくれて、色っぽいし切なくなりました。

お気に入りは二段。


起きもせず寝もせで夜を明かしては春のものとてながめ暮らしつ


起きるでもなく
ねむるでもなく
夜は明けてゆく
春の長雨がふっている
わたくしはただ見ている


そして三十段。


逢ふことは玉の緒ばかり思ほえてつらき心の長く見ゆらむ


逢うのは
一瞬
恨みは
永遠


更に月報の小川洋子が、この川上弘美訳を上手く伝えてくれているので必見。
そうそう!ですよね!ってなりました。

あとは堀江敏幸の『土左日記』も、すごく考えられていて、参考文献を見ても納得のラインナップで、仕事の仕方に尊敬を覚える。
江國香織の『更級日記』は、とにかく可愛い。そうして、姉や父の描写を通した家族としての作者がよく描かれていて楽しかった。

紀貫之ではないけれど、言葉について、とても考えさせられる一冊だった。
私たちは、その息吹に今尚こんなに鮮やかに触れられる。

2016/02/11 07:55

投稿元:ブクログ

原文を読めるだけの素養がないので、現代訳で読めるのはありがたい。『土左日記』堀江敏幸氏の「貫之による緒言」と「貫之による結言」に紀貫之の土佐日記への想いが甦ってくるようです。それにしても、平安期の人々はよく泣いていたことを改めて知りました。1000年も昔の日本人の感情とはどのようなものであったのかと興味が湧いてきます。私たちが感じないものに感じ、見えないものを見、聴き取れないものを聴いていたのだろうかと想像が膨らみます。ただ、死生観は違っても、男女の仲は変わらなかったようにも想えます。

2016/12/29 10:09

投稿元:ブクログ

好きな作家さん目白押しで、これは読むしかないなと。

伊勢物語おもしれえええってなっている。
川上弘美の作品かと思うくらいどんぴしゃの訳にうっとり。余韻。
竹取物語はポエム調の和歌がたまらん。これも森見作品かのよう。すばらしいテンポ感。
堤中納言物語はおもわずニヤリ。
土左日記は前段と括弧書きの注釈に痺れるし、更級日記は瑞々しくて女の日記感がさすが江國。

この全集、ほんとぴったりな人に訳を頼みますよね。さいこう。

2016/11/10 22:28

投稿元:ブクログ

平安時代の頃から日本の文学はこんなに多彩で豊かだったとは。「伊勢物語」は純愛から官能的な愛まで歌いこなす在原業平を好きになった。もてて仕方ない男性の話かと思いきやうまくいかない時もあって面白い。川上弘美の淡々とした調子でいながらしっとりした文章と親和性が高かった。「土左日記」は性器が露わになった女性たちの姿を通してまでも、性から亡くなった子の儚い命を連想する筆者の姿に切なくなった。「更級日記」は主人公にすごく共感した。本が大好きで他のことが疎かになってしまった少女時代を過ごした人はきっと共感できると思う。

2016/02/25 18:14

投稿元:ブクログ

2016.2.21市立図書館
物語文学と日記文学の巻

竹取物語(森見登美彦新訳):意外とふつう。5人の貴公子や帝、翁らこの世の人の個性と愚かしさが浮き彫りに。
伊勢物語(川上弘美新訳):和歌を柱に、あっさりした雰囲気の男と女のエピソード集。
堤中納言物語(中島京子新訳):10の短編アンソロジー。ちょっと変わったお話がこざっぱりした文体で。少将とか中納言など官位で表されているが、ちょっと光源氏や夕霧&薫を思い出させるようなエピソードもあり、現代の平安王朝ものがたりのいくつかもこうした古典に想を得ていたのかもと気がついた。
土左日記(堀江敏幸新訳):冒頭におかれた訳者による「貫之による緒言」で、書き手の人生と立場、屈折した思いをしることで、作品にこめられた文体のたくらみや感傷がじっくり味わえるしかけ。
更級日記(江國香織新訳):本(物語)が大好きな少女が父親の転勤で田舎から都へ。それにともなう人や物語との出会いや別れの喜怒哀楽がすなおですらすら読める文章に。

返却期限に追われて流し読み。豪華な再話ばかり。こうしてすらすら読めると、書かれた当時の読者の感覚を追体験できている気がしてうれしい。
どれも和歌がもりこまれていて、そこをどう訳すかを現代語訳者がそれぞれに工夫しているのが興味深かった。ポエムっぽくしたり、31文字で現代語に置き換えたり(俵万智のチョコレート語訳ふう)、短い韻律に豊か閉じこめられた豊かな思いをじっくり表現したり、地の文と地続きにしたり…

また改めてゆっくり読みたい。

2016/10/02 11:29

投稿元:ブクログ

竹取物語・伊勢物語・堤中納言物語・土佐日記・更科日記
どれも学校で古典や歴史で学んだ物語ですが、一度も
読んだことがありませんでした。(絵本とかあらすじみたい
なものを除いて)
初めて読みましたが、現代と異なって違和感のある部分
もありますし、想いのほか現代でも共感できる部分も
多く面白く読めました。現代訳が秀逸であったことも
要因だろうと思います。
中でも、伊勢物語の和歌と話しの内容の奥深さ。単なる
恋愛だけではなく人とのつながりを大事にしてきた文化
が垣間見える部分。
堤中納言物語の短編小説のような、また現代でも共感できる
家族や仲間での何気ないやり取りの記載。
土佐日記の紀行文としての情景の描き方や、昔の船旅の
リアルな様子。
更級日記の現代でも十分に共感できる日記文学と、主人公の
リアルな感情。至極日常的な感情。ドライな感情が
垣間見える部分。
など、面白かったと思います。

2016/12/14 22:06

投稿元:ブクログ

自分がいかに古典にいい加減に接してきたかを思い知らされることになった。
かぐや姫の話は誤解が多かった。もっとも、絵本の印象が強くて、かなり違訳を信じていたのかもしれないけれど、それも原典をきちんと読んでいない証拠。
伊勢物語では、こんな太古から微妙な男女の機微があったのだと感銘を受けた。

2016/02/24 00:51

投稿元:ブクログ

「こんな、おちゃらけの文学なんてあり得ない!」とも思うけど、50年後でも意味が通じる本として残せたので、これぞ文学なのかも知れない。
全30巻の中で、この3巻だけを選んで読んでみたけど、結構当たりだったかも・・・!

2016/07/22 00:22

投稿元:ブクログ

おお、大人版!と借りてみる。
土佐物語が一番読みにくいけど、面白かったかなぁ。
それぞれあとがきも良かったです。

他の巻をみると、現代語訳や個人の作家のもあるので、現代語訳の鏡花とか!と思いましたが、なかったので残念。

2014/11/18 18:54

投稿元:ブクログ

「もの」を「かたる」のが文学である。奇譚と冒険と心情、そこに詩的感興が加わって、物語と日記はこの国の文学の基本形となった。

2016/02/10 01:03

投稿元:ブクログ

森見さんの話が聞きたくて講演会に行って、欲しくなって買った本。森見登美彦さんの「竹取物語」は、確かに森見さんらしい。ファンタジーで、竹林が出てきて、美女も出てきて、そして男たちが片想いをする。川上弘美さんの「伊勢物語」は、授業でやった文章が出てきて懐かしい。在原業平すごい笑 中島京子さんの「堤中納言物語」は、歌の訳も三十一文字にしているのがすごい。こんなに楽しい物語だったんだと驚き。堀江敏幸さんの「土左日記」は、ひらがなで訳して貫之の考えを示すという独特の訳。江國香織さんの「更級日記」は、これも授業でやった文章が懐かしい。歌の訳など工夫されているのが伝わってきました。
古典文学のエキスパートでもない現代の作家たちが訳すというのはどうなんだろうと思ったりもしたけれど、豪華な作家たちの名前から読んでみようと思う人もいるはずだし、その点では素晴らしいこと。平安文学を読むことがないので新鮮な気持ちで読みきりました。思った以上に面白い作品たちでした。

13 件中 1 件~ 13 件を表示