サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

蒙古襲来

蒙古襲来 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

このテーマでの現代の到達点

2016/05/16 05:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろいさくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本では750年前の歴史を,著者の言う歴史科学の手法で細部まで解き明かそうとする。歴史科学とは,歴史的再現実験と史料批判を統合する方法とでもいうのであろう。史料批判では,当時の京都の記録係の公家であった広橋家の日記という最も信頼に足る資料と通信の要する時間からのおこった日時を推定し,太陰暦を太陽暦に直して,時刻を24時間のどこかだけでなく,日時の自然現象の正確な変換を試み,上陸作戦で決定的に重要な潮汐を再現する,またその後の歴史上,実際に記録されている軍事行動の専門的見地などを総合して,実際にあり得べき可能性を検討する。もちろん,大部分の行動は資料の欠如によりわからないから空白である(「見てきたような嘘を言い」ではないので)が,全体像が少しずつ見えてくるものとなっている。同時にそれを位置づける大きな枠組みは,たとえば九州各地の「唐房」の存在,そこから竹崎季長が絵巻を残した意味を推測し,元が日本への侵攻にこだわった理由として,活発な日宋貿易をあげるなど,歴史学共通の最新研究の裏付けをもって作られていることにも注目すべきである。
幕府の記録なども合わせて,文永の役は1週間ほど続いたと見るべきと言う説はだいぶ前に発表したそうだが,今回は弘安の役を含む全体像を描き出す。特に地名の特定を朝鮮語,中国語表記による日本地名である点と,到達可能時間から特定して,対馬を経て志賀の島へという定石の兵站路を前回の遠征をもとに元軍も確立したこと。長門への来寇や江南軍の延着というのも,したがって,織り込み済みの,続々と交代・増援部隊と支援物資を運搬する計画であったと見るべきだという視点。絵巻物での海戦場面の解釈,敵地偵察の解釈など秀逸というべきである。あり得べき反論にもきっちり布石を打っている。その上で日本軍の勝利は薄氷のものであって,かつて言われていたような日蒙両軍の必要以上の残虐行為もなかったであろう事も言及されている。
戦後高麗との友好関係が持続し,江南地域との貿易がますます盛んになることもこれから理解できる。
人文・社会科学を勉強する人は是非読むべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/03 13:18

投稿元:ブクログ

史料を駆使して蒙古襲来の実像に迫った力作なのは分かるが、ある程度元寇についての知識が無ければ、従来の説との比較すら出来ず、数多引用される史料も細かすぎて退屈になる。読者を選ぶ本。
「神風」のイメージ形成に影響力のあった八幡愚童訓を、執拗に攻撃するのは多少滑稽。淡々と史料批判する姿勢が欲しかった。

2015/01/08 15:29

投稿元:ブクログ

文永の役のときの暴風が台風ではないことは、年末・年始に爆弾低気圧を経験した私たちならすぐにわかりそうだ。また、元寇の理由は硫黄獲得だというのも、山内晋次氏の「硫黄の道」の議論とも合致する。

2015/04/12 15:00

投稿元:ブクログ

私自身、蒙古襲来の話にはかなり興味があって、色々と歴史書を読んだりするのだけれど、だいたいが蒙古襲来前後の日本とアジアの関係や、政治状況などが中心で、そもそも蒙古襲来がどういう戦争だったのかということについては、通説通りの描き方に終始しているという不満があった。通説というのは、「鎌倉武士が名乗りを上げている間に、モンゴル軍が集団戦で血祭りにあげる」的なアレだ。


鎌倉武士はアホなのか? というよりも、そんな馬鹿話を疑問もなく受け入れる歴史家が馬鹿だと言える。鎌倉武士の一騎打ちなんて、実は『平家物語』においても一つも描かれていない。「熊谷直実と平敦盛の一騎打ち」と呼ばれるものも、別に名乗りを上げて矢を射るような一騎打ちではなかった(源氏側の奇襲で逃げる平敦盛を、追撃する熊谷直美が捕まえて殺すというもの)。あるのは奇襲、反則、なんでもありの戦争屋の姿だ。


蒙古襲来はモンゴル軍を撃退した瞬間から「神話」となり、現代では、太平洋戦争の「神風特攻隊」のイメージにまで繋がり、実像を把握するのが困難になってしまった。また、今の日本では「歴史家」はいても「戦史研究者」はいないということも、蒙古襲来についてどういう戦争だったのかという理解を遅らせる原因になっていたと思う。


この本は、これまで蒙古襲来の重要史料とされていた『八幡神愚童訓』を完全に否定する内容になっている。『八幡神愚童訓』は当事者の手による実録でもなく、八幡神の霊言を強調するために蒙古襲来を誇張して描いていると断じているが、ここまで手厳しい歴史書はこれまでなかった。また、当時の公家の日記や、『蒙古襲来絵詞』を詳細に分析して、蒙古襲来がどういう戦争だったかの検証を行っている。


作者は服部英雄。九大の比較社会文化研究院 社会情報部門 歴史資料情報の教授といえば相当なものだと思う。代表作は『河原ノ者・非人・秀吉』で、正直なところ、この本を読んだ限りでは「ああ、網野フォロワーやね」みたいな感想を抱かざるをえないのだけれど、『蒙古襲来』では一気にこれまで現在の日本の歴史学が弱かったところに踏み込んでいる。


フビライは宋に硫黄を輸出する日本を邪魔に思い、戦争を仕掛けた。文永の役が台風(神風)によってモンゴル軍が退却したことは、ほぼ否定されているものの、今度は1日で退却した「威力偵察説」が大手を振るっている。だが、この点を著者は史料や常識(1万を超える軍勢が1日で船を乗り降りするのは無理)を駆使して、文永の役からモンゴル軍は侵略目的だったこと、戦争が1日ではなく7日続いたと主張する。


他の蒙古襲来を扱った歴史書よりも、戦争にクローズアップした視線は好感が持てる。また、竹崎季長のパーソナリティーにまで踏み込んだ考察なども良かった。今後、服部英雄氏の説は詳細に検証されるだろうが、蒙古襲来の研究における一つの要石の役割を果たしたと思う。


逆に、これはどうかな〜と思った点は、歴史書にしては作者の感情が先走る文章。『八幡神愚童訓』に対する服部先生の視線が、MMRのキバヤシみたいな感じ(この本では、MMRと対照的に完全否定の立場だけれどね)になっているのは読んでて笑えた。九大の比較文化研究室では、日々、服部教授「モンゴル軍は〜〜だったんだよ!」、学生「なんだって〜!」みたいなやりとりがされていたのかなと。


これは、もしかしたら服部英雄先生が、この本は一般に自論を分かりやすく解説したいという思いからかと推測できるのだけれど、どうせ歴史書コーナーに置かれる本なのだから、研究者としての自重はあったほうがよかったのでは? と。でも、wikiに蒙古襲来についての書き込みをして、しかも消されるなんて明け透けなことも書かれていて、九大の先生のはっちゃけぶりが楽しいという読み方もできる。


蒙古襲来の実像を探るという意味では、これがこれからの基本となる本であることは間違いないと思う。「神話」から「推測」へ、「推測」から「検証」へと、ようやく歴史学の俎上に登ったのかなと。

2015/05/14 00:48

投稿元:ブクログ

我国と元・高麗の文献を検証しながら、元寇で何が起こっていたのか明らかにしようと試みた労作です。歴史的資料には欠落のほか、それぞれの思惑から誇張・虚偽記載が信じられないほど多くあり、真相解明は困難を極めます。多くの知見が得られましたが、文永の役に神風は吹かなかった(冬に台風は来ない!)、弘安の役の勝因は防塁の効果が大きい(夏場に3ヶ月も攻めきれなければ、台風が来るのは当たり前)が正しいなら、全ての歴史書の修正が必要でしょう。神風勝因説が悪影響を残したことは周知の事実です。

5 件中 1 件~ 5 件を表示