サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/03/16 04:51

投稿元:ブクログ

明治初期から太平洋戦争までの科学の変遷と科学と社会の関わりをコンパクトにまとめている。
個人的に面白かったのは2つ。5章の明治期の科学者が西洋文明といかに対峙したかと、後半の世界大戦中の世界と日本の科学者と社会との関係性である。
長岡半太郎といった科学者だけでなく、夏目漱石など非科学者の知識人も取り上げている。長岡半太郎も夏目漱石も明治期特有の上昇志向から、西洋人を驚かす世界的な偉業を成し遂げようと決心していたが、2人の歩む道は違った。長岡半太郎は何を学べば世界的な業績を成し遂げられるか1年間歴史を学び、物理学が「コスモポリタン的学問」であり、東洋人でも世界に挑戦できると考えて物理学者になった。一方で、漱石は外国語で文学を書き「西洋人を驚かせやう」と思い英文科に進学したが、英文学が地域性を排除できない学問だと悟り、挫折した。
長岡や南方熊楠が西洋の学問レベルの高さは認めていたが、闘争心を隠すことがなく、田中舘愛橘との手紙で西欧文明が底を浅いと息巻いているのが、いわゆる和魂洋才というものなのだろう。
後半は第1次世界大戦・第2次世界大戦中の科学と社会との関係性。これは後で書こう

1 件中 1 件~ 1 件を表示