サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

ウィンター・ホリデー(文春文庫)

ウィンター・ホリデー みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.1

評価内訳

53 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ほっこり

2016/04/21 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホリデーシリーズ大好きです。本当に嫌な人が出てこないので安心して読めます。大和と進くんの関係がとってもいいです。ジャスミンさんも大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

盛りだくさんの冬物語

2016/04/15 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あるばとろす - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作ワーキングホリデーの続編です。
夏の衝撃の出会いから数ヶ月、待っていました冬休み。
怒涛の年末、必死のおせち作り、インフルエンザ発症などなど、大和さんの人徳で何とか乗り切りました。盛りだくさんの冬の歳時記物語という感じで心温まりますよ。
大和さんてジャスミンから教わったこといろいろ覚えていて、あらゆる場面で活かしているところがスゴイ。お勉強はてんで得意ではなかったみたいだけど、オツムのよろしい人なんだなと感心。
元カノ(進くんのお母さん)由希子さんの登場もあり今後の3人の家族模様が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冬。

2015/05/31 13:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kuzira - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は冬休みの話です。
父も子もそれぞれ成長していきます。
そして、ついに母も登場。
大人も子供も成長していける。
坂木さんのほかの作品と少しリンクしていて、
発見できると嬉しくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

寒い夜にほっこりさせるんで、そこんとこ夜露死苦!

2015/01/27 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワーキングホリデーの続編。元ヤンで元ホストの主人公の大和が息子の進と出会ってから半年。今回は進の先にいる母親(元カノ)の由希子との関係もクローズアップされ、イベント盛りだくさんの秋から冬が描かれます。Xmas、正月、バレンタイン、ホワイトデーとハチさん便も書き入れ時で取り扱い品もバライティーに富んでおり、お仕事小説としても色んなウンチクが学べる。

前作でハチさん便の配達エリアが作者の他のお仕事モノ「切れない糸」「和菓子のアン」の生活圏内と重なるなとは思っていましたが今回はハッキリとその関係性がわかる事に!「洋菓子屋かとれあ」と女子大生の桜井さんが登場。どのエピソードにどの様に登場するのかは読んでみてのお楽しみ。

成長する息子とシングルマザーとして生きてきた母親由希子との距離感。父親としての資格だ、責任だと悩む大和が家族を意識して七転八倒する姿は笑えるんだけど心がほっこりする。寒い夜に炬燵や布団の中でニヤニヤしながら読んで欲しい秀作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次の展開が楽しみ

2015/01/26 20:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:か~ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワーキングホリデーの続きが気になって購入。父子の関係に加え大和と由希子の距離が少し近くなったことでこれからが楽しみです。ジャスミンの言葉にはジンとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

肩の力を抜いて楽しめる小説

2015/09/21 16:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

明るくて楽しめる話。ちょっとご都合主義にすぎるところもあるけど、それを気にしなければ、笑いをくすぐられるところも多々あって楽しい。おもしろいより楽しいという雰囲気の強い話。登場人物が生き生きしているのもいい。前作の設定を知らなくても充分楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/18 16:27

投稿元:ブクログ

 ありゃりゃ、これは続編なんですね。これの前にもう1作あるようで…。これだけ読んでも筋はわかるようになっているけれど、読んでいる途中、やっぱり1作目から読みたいな〜と思いました。

2015/02/06 20:25

投稿元:ブクログ

感想はブログにて。
http://croco.blog14.fc2.com/blog-entry-227.html

2017/04/01 19:00

投稿元:ブクログ

さっそく続編読んでしまいました。
前作は夏休みの間の物語でしたが、
今回は冬休み~2月半ばくらいまでのお話。
ネットショッピングの普及により、
配送業者の負担が世間でも
取り上げられている昨今。
お正月のお節の配達に、
バレンタインのプレゼント配達
こりゃ本当に大変だと驚いたと同時に
ヤマト、進親子にも進展が!
季節は冬ですが、前作に続き心温まるお話でした。

2015/07/30 21:57

投稿元:ブクログ

2015/7/27
続編。
ええ話や。
とは思うけど少々過剰。
かわいいかわいいと言う割りに進かわいいエピソードがもの足りない。
こういうの冷めるからイクナイ!
コブちゃん絡みはよかった。
死にたがりが治まったのが特に。
コブちゃんもっと幸せになれ。

2016/10/27 21:02

投稿元:ブクログ

届けたい思いや声は信じればちゃんと届く。
言葉にならない思いであればあるほど、それは本当に伝えたい思いである気がする。
守るものができれば自分のもっている以上の力が発揮できる瞬間もある。
寂しさも少しの優しさで良い方向に転じることもある。

2017/05/15 06:50

投稿元:ブクログ

「ワーキング・ホリデー」の続編。タイトルの通り、今回は冬休みから3月にかけて起こった出来事を描いている。
大和と進の距離感は微妙なままだが、今作では、進の母親であり、大和の元恋人・由希子の存在が大きく、3人の微妙な関係の変化が描かれている。
特に最後の「届けたい」では、いろんな人が誰かを大切に思う気持ちや、一生懸命に日々を過ごしていれば、必ず物事はいい方向に向かっていくのだと、つい、自分の追い詰められた日々と重なり、涙ぐんでしまった。
正直、大和は好きになれないけど、「みんな、幸せになれるといいな」と、思わずにいられない作品だった。

2015/01/06 23:41

投稿元:ブクログ

 冬休み期間に読もうと思っていたのですが、ちょっと時期を逸しました。
 『ワーキング・ホリデー』の続編です。
 ホストの主人公・ヤマトのもとへ、彼の息子を自称する子供が転がり込んできてから半年、季節は夏休みから冬休みへ。
 ヤマトの現在の職場である運送会社の年末年始の様子がよく書かれていて面白かったです。地域のことならなんでもござれの、優しく頼れるプロフェッショナルたち。
 ヤマトと進だけでなく、血は繋がらないけれど彼らを大切に思う周囲の人々ひっくるめて家族、といった感じのほんわり温かなお話でした。こういう温かみがあるから、坂木作品は大好きです。

2016/08/21 23:50

投稿元:ブクログ

まっとうに悩む。
こころが健康になれる本。
日々、しょーもないことで上下する自分にため息。
夢を見たいのかな。
相手を思う、というのはいつも難しい。

2014/12/11 20:21

投稿元:ブクログ

ファミリー小説にほんのりミステリー風味。冬期の配送業の描写もリアルで、特におせちのくだりは、あぁ大変なんだろうなぁというのがよく伝わってきました。
わりとボリュームのある1冊ですが、ぐいぐい引き込まれるので意外にさくっと読めました。

53 件中 1 件~ 15 件を表示