サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 死命
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

死命(文春文庫)

死命 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.8

評価内訳

23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

動機が受け入れられず

2015/12/26 14:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おたま - この投稿者のレビュー一覧を見る

薬丸さんは大好きな作家ですし、かなりの大作を一気に読ませる筆力とページターナーぶりには相変わらず感服ですが、本作は私にとっては期待以上のモノとはいえませんでした。期待値が高すぎることもありますが。主人公の一である榊の殺人の理由が到底受け入れることができないものだったというのが最大の理由。もう一つは純粋キャラの澄乃があまりにも鈍感すぎてちょっとイライラしてしまったこと。次作に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/25 23:50

投稿元:ブクログ

面白くて一気に読んだ。最初は犯人も刑事も同じ胃癌ってどうなってんだよ詰め込み過ぎだよと思ってたけどそうでもなくてうまく収まってくれた。しかしヒロインあっさり殺すのは感心できない。あと、鼓膜破れた原因も明かされなかったよね?殺人の衝動って、なかなか想像し辛くて難しい題材だと思うけど、それを結局少年時代の虐待に持ってくのは少し拍子抜けしたかな。

2016/02/14 23:17

投稿元:ブクログ

またも夜更かしをして、残り3分の1を一気に読了。
薬丸岳『死命』(文春文庫)
一言でいってヤバイ。ヤバイという言葉がピッタリでこれ以外の表現が見付からない。
以前、島本理生『あなたの呼吸が止まるまで』(新潮社、2007年)を読んだときに読みながら嫌なにおいを感じたが、においの元は違っても、『死命』でもいつも不快なにおいを感じてしまった。
どろどろした人間模様、歪んだ性、生と死、職業意識、家族…。
もうこれ以上のシチュエーションはないと思われる設定。よくも思いつくもんだなあ。
これを読んだら、そんじょそこらのミステリーは読めない。少なくてもトリックものより面白い。やっぱりミステリーではなく社会派推理小説という表現が似合う。
この手の小説を読んでばかりいると性格が歪んでしまいそうなので、次は軽いのを読もう…と思ったら、もう一冊あった、薬丸岳『逃走』。

2015/12/21 10:27

投稿元:ブクログ

刑事と犯罪者双方の心の動きを表現するのがうまいなぁ。
どちらの心理状況もよくわかる。それほど細やかに書かれているということか。
自分の命を投げ出してでも犯人を逮捕したい刑事と自分の欲求を抑えられない犯人。
残りの人生が僅かだとわかっているなら、じっと寝ているよりも自分のやりたいことをしたいという点では蒼井刑事に共感する。

2014/11/03 21:23

投稿元:ブクログ

帯に、「死を恐れない罪人を人は裁けるのか?」後世に残すべき傑作、的なコピーがあり、めくったら読みやすそうで読んでみた。

私の中の薬丸作品は、テーマが重たくその割にかなり読みやすいというものだが、今回もその通り。

物語は2人の男性を中心に進む。癌で残り僅かな命と知った男性が、自分の中の殺人衝動を解放すると決め、次々に殺人を犯してゆく。
独身で係累の少ない彼を引き止めていたものは、学生時代から関わるボランティア活動で知り合った子供たちと昔の彼女。一方でそれを追う警察官もまた癌で、こちらは亡くなった妻への想いから、執念で犯人を追う。
犯人側には未練と複雑な想いを持って寄り添おうとする昔の彼女が、警察官側には反発する娘が配置される。

ここまでお膳立てが揃ったらどれだけ複雑な展開が、と思うが、ここまでなのである。娘はダンサーを目指している、とかクラブに通っている、などの追加情報はあり、いくらかは進行にかかわるけれど、深入りはしない。
彼女も、彼の病を知って最後には彼を追い詰めるかと思われるも、ここでも踏み込むことはない。というかこちらはできないのだが。

なんなのかな、この消化の悪さ。

で、考えたのだがこれは、配置される登場人物がそれぞれ点で途切れてしまっているからではと。
サブキャラはそれぞれちゃんと割り振られてるのに、感情や行動でメインキャラクターに影響をほとんど及ぼさない。メイン2人もほとんどぶれないし向き合わない。メインの道のりが、非常に一辺倒に見えるのだ。

薬丸作品の良さは最初に述べたとおりの、テーマの重たさに比較して軽やかな読み口なんだけど、軽やかさが深掘りの足りなさになってしまうこともあるのかも。
今回の作品はやや、後者にもみえた。

むー。

2014/11/13 01:30

投稿元:ブクログ

 胃がんにより余命わずかと知った榊信一は、残りの人生を自身の殺人衝動に正直に生きることを決意し女性たちを絞殺していく。
その事件の捜査を担当することになる蒼井だが、彼も胃がんの再発が発見され、余命わずかの二人が事件を通して交差する。

 単に連続殺人を捜査するというだけの話ではなく、余命わずかの中、娘と息子を持つ蒼井はどう生きるか、殺人を犯しながらも自分を大切に思ってくれる女性のいる榊はどう生きるか、
というそれぞれの生き方と選択という点に迫ってる点が単なるサスペンス小説とこの小説が違っている点だと思います。

 自分自身はまだ親も元気で死に対する実感はなかなかわかないのですが、この小説に出てくる蒼井親子の話は読んでいて非常に切なくなりました。

 個人的な読みどころは蒼井と榊の最後の対決の場面でしょうか。余命わずかなため罰を恐れず罪の意識を見せない榊を蒼井はどう罰するのか。

 薬丸さんは現代の社会における犯罪の罪と罰というものを真摯に描き切っている作家さんだと思います。今回の作品も描きたかったのは、死を間近にした人の生き方だけでなく、
罰を恐れない者を罰することはできるのか、という問いだったと個人的には思うのです。

 最後の二人の対話の場面の蒼井の言葉、榊の叫びはこれまでの話の流れからするととても自然というか、そうすることでしか罰は与えられないよな、と納得のいくものだったのですが、
それだけにその場面のページ数が少なかったのがちょっと物足りなく思いました。

 ただサスペンスとしてはオーソドックスな話でも、こうして「罪と罰」という薬丸さんが他の作品でも問い続けているテーマをしっかりと結び付けられていて、
薬丸ファンである自分としては「やっぱり薬丸さんの作品なんだな」と感銘を受けました。

 これからも薬丸さんが問い続けるテーマを読者である自分自身も一緒に考えていけたらな、と改めて思いました。

2015/09/13 16:52

投稿元:ブクログ

薬丸岳さんの本は【刑事の約束】に次いで2冊目。
長編の【死命】ですが、気が付けば一気読み!
胸の中にずっし~んと重い物を投げ入れられたかのような、しんどさを感じつつもグイグイと物語に引き込まれていきました。

榊新一は末期癌の余命宣告を受け、殺人を犯す。
連続殺人犯を追う警視庁捜査一課刑事の蒼井。
彼もまた余命宣告を受けた身。
犯人と刑事。
二人はそれぞれ命をかけた使命のため、残りの時間を費やす。
榊の使命、蒼井の使命。
どちらも辛い…

2016/09/04 22:37

投稿元:ブクログ

面白かったです。
なんとなくの予想をしながら読んだけど、やはり…という犯人の生い立ちにせつなくなった。
色々考えさせられる本でした。

2015/01/23 00:09

投稿元:ブクログ

面白かったっすわー!重いテーマが重なってるにもかかわらずなぜか爽快に進んでく、って感じで。著者も埼玉のウチの近くの地名も出てくるのがさらにいい!タイトルや始めのうちのヘヴィな感じに逆らうことなく読めれば!

2015/08/18 19:41

投稿元:ブクログ

一気読み。面白かった。末期癌の刑事と殺人鬼。
自分の最期が近いことを知ったら、自分は残りの人生をどう生きるだろうか。

2014/11/29 01:15

投稿元:ブクログ

14.11.28読了。一気に読まされた500頁の長さを感じさせない作品。暗く重いが期待どおりだった。

2015/02/07 03:04

投稿元:ブクログ

奇しくも共に末期ガンで、余命いくばくもないという状態の連続殺人鬼と、それを追う刑事の話。
ドラマチックな設定がてんこ盛りだけれど、出来過ぎ&ありえなさ過ぎな展開に却って白けてしまった。薬丸岳の本はテーマが重くても真実味があり、考えさせられるものであるのが魅力だと思っていたので、ここ最近は肩透かしをくらうことが多いように感じる。

2014/12/22 13:37

投稿元:ブクログ

おぞましい殺人衝動を題材に扱い、主人公ともいうべき3人がそれぞれに死を免れなくなるにもかかわらず、「イヤミス」とならずに済んでいるのは、作者のページターナーとしての力量か。
解説で書かれているように、犯罪小説、警察小説、恋愛小説、推理小説と4つの味を贅沢に楽しめる作品。

2016/02/03 22:01

投稿元:ブクログ

面白い。ただ薬丸さんだから、読者に問いを残すような何かを期待してしまった。
あらすじ(背表紙より)
若くしてデイトレードで成功しながら、自身に秘められた女性への殺人衝動に悩む榊信一。ある日、余命僅かと宣告され、欲望に忠実に生きることを決意する。それは連続殺人の始まりだった。元恋人の澄乃との皮肉な再会。犯人逮捕に執念を燃やす刑事・蒼井にも同じ病が襲いかかり、事件の展開は衝撃の結末を―。

2016/01/07 23:29

投稿元:ブクログ

あっという間に読了。読みやすい。しかし
薬丸氏の作品としてはつまらないかな。
親の虐待。連続殺人犯。末期ガン。
重い題材をチャラっと雑に描かれた印象

23 件中 1 件~ 15 件を表示