サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

柔らかな犀の角(文春文庫)

柔らかな犀の角 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/17 11:48

投稿元:ブクログ

何気なく手にとって数ページ読んだら本棚に返したくなくなった。
文章がすごくうまい。
連載コラムのまとめ本であるから、好きな節から拾い読みできる。
“連載コラムのまとめ本”ではあるが、よくある有名人のエッセイ集とは別格、老優の分厚い含蓄のある文章が冴える。

2014/11/29 18:44

投稿元:ブクログ

単行本も買ったのだが、文庫には単行本刊行後の書評も入っているということで購入。それにしても単行本で買ったものを文庫でも買うというのは、私の購買行動としては稀有の例であって。
山崎努、『俳優のノート』といい、この人の文章はうまい。評論家などの書評は上から目線のものでげんなりするが、彼が紹介している本をことごとく読んでみたくなってしまう。役者としての厚みがハンパない、ということがこの読書量と書評力だけでもわかる。長生きしてほしい役者である。

2014/11/07 14:48

投稿元:ブクログ

【日本を代表する俳優の名文を味わう】「演じる人」ならではのシニカルかつユーモラスな視点に満ちた書評の数々。週刊文春の好評連載「私の読書日記」6年分を収録。

3 件中 1 件~ 3 件を表示