サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ゆうぐれ

ゆうぐれ みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

暖かい光

2016/11/30 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスマスの夕暮れ時。自然のオレンジやイエローがやがて日が暮れ、街には灯をともしたオレンジやイエローに変わっていく。寒い時期だけれど明るい暖かい灯が心も体も暖かくしてくれそうな絵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/06 10:21

投稿元:ブクログ

なんともシュールな絵本
大人向けかな
ユリ・シュルヴィッツさんの絵本
強く主張しないでそれでいて強い
絵がやわらかくて溶け込みそう
《 ゆうぐれは 夜へと向かう 影・光 》

2014/11/23 23:21

投稿元:ブクログ

ユリ・シュルヴィッツさんの絵本は、青が基調のものが多いですが、この本は、あたたかな橙や黄色が目立ちます。

冬の夕暮れ、クリスマスシーズンの町の夕暮れを描いた1冊。

2015/09/19 08:22

投稿元:ブクログ

ゆうぐれから夜になっていく街。
男の子とおじいさんと犬が散歩。

シュルヴィッツの「ゆき」が大好きなので、その印象と重なった。姉妹本のような感じがした。

とにかく絵がきれい。
自然光→暗闇→人工の明かりという変化が建物などに反射する光でよくわかる。爽やかな自然の光から薄暗さへ…闇がやってくるとポツポツと温かみのある人工の明かりが灯り…まちはクリスマス。

文章も短く、言葉に出すと気持ちよく、静けさや落ち着きを感じるので好き。でも、誰か読んで、私はじっくり絵を見たいの…という気持ちになる。それくらい絵をじっくり見たくなる。原画が見たい!

途中登場するまちの人々はシュール。物語として意味がないから良いのかな。ひたすら「ゆうぐれ」という時間の流れを感じることができる。

子どもたちはどう読むだろう。
自分のしってる「ゆうぐれ」を思い出したり、読んだ後「ゆうぐれ」はこれだ!と感じてもらえたら良いなと思う。

幼稚園年長から小学生、大人もいいかも
冬、特にクリスマスシーズン。

2014/10/21 20:33

投稿元:ブクログ

シュルヴイッツの「ゆうぐれ」!
やっぱり「よあけ」と一緒に読みたいかも。。。

あすなろ出版のPR
http://asunaro.bookmall.co.jp/search/info.php?isbn=9784751527139

5 件中 1 件~ 5 件を表示