サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍

最終刊かな?

2015/03/29 09:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

全巻、良かったが年月が過ぎ去り老いたり死んだりすることの切なさがよく出ていた6巻はいいかんじに幕を降ろしていると思う。
今までの登場した花魁たちに合掌・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/26 15:40

投稿元:ブクログ

シリーズ最終巻。
終わってしまって寂しいけど、きれいにまとまっていいラストだった。
この本は繰り返し何度も読むと思う。大好きな作品。

2016/12/05 13:59

投稿元:ブクログ

ハッピーエンドなのかそうでないのか。
それでも吉原のたった一つの見世に漂ったたくさんの夢の終わりとしては美しい終わり方だったかな。
全巻通してほんとにいい物語でした。

2014/10/25 00:39

投稿元:ブクログ

原作読んだ時に大門切手だけコミック化してないのかな??って思ってただけにすごくうれしいー!

弥吉さん、ちょっとあんた!!
改めて見てわりとひどいな!

朝霧さんが死んだときに泣いてたシーン、もう一回見たくなります。

2015/10/17 14:00

投稿元:ブクログ

スピンオフの「大門切手」、原作では文庫収録にあたり賛否両論だった記憶がある。個人的には好きだったけど、本編の遊女達の生き様があまりにも壮絶だったため、それと比べると大門切手はあくまでも番外編だよなぁ、という印象だった。
コミック版の大門切手編は、本編から間を空けての発売となり、雑誌で連載されているのを見たときはすごく嬉しかった。今回改めて読んでみて、やっぱり号泣。原作以上に心を揺さぶられました。斉木さんの画力が素晴らしく、登場人物らの抑えた悲しみが際立つ。山田屋の女将・勝野と髪結いの弥吉の、紆余曲折を経ての切っても切れない関係に遊女達の人生が交差し、小説では自分でイメージするしかなかった場面が視覚化されることで、ますます共感しやすくなった。原作とは違って、この番外編でまるまる一冊だからこそ、本編とは別にして物語にのめり込んで読みやすいということもあり。6巻だけ読んでも十分楽しめると思います。そして、斉木さんオリジナルの粋な演出もあり、それがファンには嬉しい場面。斉木さんの、遊女達への愛が感じられます。
花宵道中は、私が知る限りのコミカライズ作品大成功例と思っており、今回の大門切手は原作のよさを更に高めた稀有なケースかも。特に、表紙の素晴らしさったら!花魁道中の豪華絢爛な衣装は勿論のこと、様々な思いを秘めた勝野の表情がものすごく美しいです。読み終えて改めてじっくり見ると、感無量。

2015/02/22 15:06

投稿元:ブクログ

宮木あや子原作『花宵道中』コミック版完結編。
姐女郎から妹女郎へ、綿々と受け継がれてゆく山田屋の歴史みたいなのが上手くまとまっている。
今までの五編があるからこそ、実はこの「大門切手編」の切なさが胸にしみる。

2014/10/27 23:49

投稿元:ブクログ

6巻が出ているとは知らなかった。
見つけて、即、購入。
【大門切手編】たしか、原作では、文庫化にあたり、付け加えられたのではなかったか(?)。
コレはこのコミックに軍配が上がったかな?
今回も原作の名台詞はそのままに上手く仕上げてると思う。
ラスト近くが少々、急ぎ足な感がなきにしもあらずだが……。
そしてオーラス前は、まるで、カーテンコール。コレもコミックならでは。
当然、今から、1巻から、通して再読しますよ!
終わるまでは寝れないな。
そして、原作も近いうちに再読せねば。

7 件中 1 件~ 7 件を表示