サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

英会話不要論(文春新書)

英会話不要論 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

感想

2015/02/23 20:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人が英語を習得するためには、地道な学習が大事なんだとわかりました。
気合いを入れて勉強しようという気になりました。

語学の学習に興味のある方全員におすすめです。やる気UPします!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おっしゃるとおり!

2015/04/10 10:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょびちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

超有名な英語の教授がこんな本を書かれるとは。それだけ教育現場は危機感にあふれているのですねぇ・・・「英語は日本人にとって難しい」と公言されることに意味があるとおもいます。とても読みやすく、そして言語を勉強する上で精神的にほっとする本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

英会話不要論

2015/11/17 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あみつこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

授業の参考図書として購入。論理的で納得できる内容。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/27 18:22

投稿元:ブクログ

江利川春雄 受験英語と日本人

市川力 英語を子供に教えるな 中公新書クラレ
 シカゴの塾で英語を教えた
 簡単な日常会話ができる第一段階
 学校で、理科、社会、数学、国語などの強化を理解できる第二段階
 日本語で第一段階に達していると、英語でも第一段階に達する。ただし、日本語で第二段階に達するための努力を怠っていると、英語で第二段階に達しない

カナダで英語圏からフランス語圏に移ってきた場合
 低学年で来た子供の歯フランス語を母語とする友人と喋り出すのが早いけど、教室で使うフランス語はいい加減で、レポートを書くのが苦手
 高学年で来た子は、フランス語を母語とする子どもと友人になるのに何ヶ月も要するが、まもなく教室の学習に藤生なくフランス語を使えるようになる

話すと書くは表裏一体

解釈に強くなるための英文50 岩波ジュニア新書

漱石 方丈記の英訳

漱石よりアタの時代に学生の英語力が低下してきたのは、日本が成長発展して、昔のように、外国人の教員に英語で講義してもらう時期がすぎたせいだと漱石は述べている

2014/12/22 21:44

投稿元:ブクログ

日本人と英語の付き合いを考える上で示唆に富む一冊。
知らなかったことが多く、例えばバイリンガルって意外と成功せず苦労する話とか、夏目漱石の英語力は飛び抜けて優秀だったり、時代とともに読み書き重視から聞く話す重視の英語教育に変遷してきたこととか、偉大な翻訳家にも誤訳があるってこととか。
自分も同感なのが、日本人の英語力が伸びないのはモチベーションの問題ってことや、読み書きはできるってのが実はそうでもないこと、今までの学校教育が潜在的な英語の素養を養っていることなど。
今後も謙虚に英語の勉強を重ねていきたくなりました。

2015/03/24 06:01

投稿元:ブクログ

タイトルがやや突っ走っている感があるが、早期英語教育や(過度に?)コミュニケーションを重視した英語などに警鐘を鳴らしている。筆者の立ち位置を理解した上で読んだつもりなのでさほどの驚きはないが、共感できる部分はいくつか。乱暴にまとめると、英語ができないという前にきちんと勉強している?のってことか。周りをみると、日本人の英語力は増していると思う。〝費用対効果〟という観点ではもうちょっと望まれるのかも知れないが、言語としての日本語と英語の距離を考えるとこんなものだろうと思ってしまう。極めようと思ったら、日本語を極めるのも相当難しいはず。

2014/11/12 23:36

投稿元:ブクログ

行方昭夫さんといえば、英文解釈・英文精読の大家じゃないですか!その方が「英会話不要論」とはどんな内容なのか気にならないはずがありません。
…ということで読んだのですが、内容的には「さすが」と唸らされます。(当然ですね)

私も、行方さんのおっしゃるように、文法や訳読中心の学校英語が日本人が英語が出来ない諸悪の根源のように言うのは違うと思いますね。お門違い。その点についてはこの本は完璧な論陣を張っていると思います。間違いなく一読に値します。

なお、帰国子女の英語についての章は私も大いに考えさせられます。他人事ではない、直面している課題だけに…

2016/09/04 00:15

投稿元:ブクログ

会話偏重型に批判的なのはわかる。英語も読めない人が会話できるわけがないっていうのもわかる。だけどその例がちょっと狭苦しい。ただ、翻訳の難しさや、夏目漱石はじめ本気で英語を身につけるにはどれだけの本気さが必要かなど、そういう点は興味深かった。

8 件中 1 件~ 8 件を表示