サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2017/01/24 21:45

投稿元:ブクログ

クリエィティブな閃き・アイデアが生まれる仕組みを豊富な実験データによって示した本。全てのクリエィティブな仕事に携わる人に推薦したい名著。

特に下記が心に残ったポイント。

・創造力は性格や遺伝で左右されるものではなく、分野に関するスキル、作業の進め方・環境と個人のモチベーションによって決まる

・閃きは研究と準備を行い、しばらく他のことに意識を向けた時に生まれる

・新しい創造物は既存のアイデアの組み合わせで、創造力か高いとされる人はアイデアを繋ぎ合わせることに長けている

・他の人と比べてさまざまな体験を重ねたり、経験したことを深く掘り下げて考えていたから。

・創造性と生産性のピークはキャリアの若い時期に訪れる

・専門分野について学べば学ぶほどアイデア創出率は下がる

・最も多くのひらめきが起こるのは会議の席上

・イノベーションを起こすチームは古くからの友人と新人の組み合わせが多い

・異なる視点を持ち出し、様々な角度から議論するなかで衝突し、評価し、対立した方がはるかにクリエィティブな結果が得られやすい

・人間は壁にぶつかった時の方がクリエィティブな潜在能力を引き出せる

・不確実な状況では誰の心にも創造性を嫌うバイアスかかかる

2015/02/22 20:16

投稿元:ブクログ

【学びたいこと】
①クリエイティブの要素分解
②クリエイティブになるには?
③子どもの頃からできることは?

①クリエイティブのスキル
・その分野に関するスキル
・創造性に関するスキル
→プロセス(準備→培養→ひらめき→評価→精錬)があり、このひらめきの部分にだけ焦点が当てられすぎているが、それだけではなににもならない。
・タスク・モチベーション
→内因性の動機と外因性の動機。タスク達成のための内因性の理由と外因性の動機を一致させたらよい。本当か?検証のための事実を集める価値がある。
・社会的環境
→これは外的要因。創造性を減退させることがあるが、ある程度の制約がある方がクリエイティブになる。

②クリエイティブなものの生み出し方
・クリエイティブな人や組織を研究する
・思考の多様性のある人をチームに受け入れ、共感だけでなく議論する
・ソーヤーの8段階
1、問題を発見し明確にする
2、関連する知識を集める
3、関連する可能性のある情報を集める
4、培養の時間を設ける
5、幅広くアイディアを出す
6、アイディアを予想外の方法で組み合わせる
7、一番いいアイディアを選ぶ
8、アイディアを具現化する

③グループで仲良く作業させるよりも、納得がいかなかったら反論した方がより質の高いものが作り出せる

2014/12/07 09:17

投稿元:ブクログ

「アイデアが共有されていれば個人も組織も繁栄するが、共有するが、共有されていないと関係者全員の隣接可能領域が狭まってしまう。」(p.101)、次の8つの段階を経ることで、求める結果が得られる(p.200)との点に共感した。
「1:問題を発見し、明確にする
2:関連する知識を集める
3:関連する可能性のある情報を集める
4:培養の時間を設ける
5:幅広くアイデアを出す
6:アイデアを予想外の方法で組み合わせる
7:一番良いアイデアを選ぶ
8:アイデアを具体化する」

2016/02/02 13:18

投稿元:ブクログ

なかなか興味深い本でした。

アイデア(クリエイティビティ)は
生まれつきというよりも色々複合した
ものから生まれているんだと思っていた
ことを同じように思っている著書でした。

90年代も世の中に必要なものは全て
出尽くしたと言う考え方があったことも含めて

とても楽しくロジカルにクリエイティビティを
知ることの出来る一冊でした。

この本を見たからクリエイターに
なれるわけではないですが
何かを始めるきっかけになれる本です。

4 件中 1 件~ 4 件を表示