サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/05/01 19:54

投稿元:ブクログ

イノベーションといえば、SONYのウォークマン。概念を最初にとらえたのは、シュンペータで、「馬車をいくら繋いでも鉄道にはならない」。
まさにその通り!
日本酒も一升瓶にお猪口ってイメージが未だにあるなかでワンカップ。
 コップといわないこだわりも感じる。

2016/06/18 06:46

投稿元:ブクログ

なぜトップを走り続けられるのか?

→需要を追うのではなく、創造する
あらゆることに問いを立て、問題喚起しながらその答えを自ら創造する
日本酒の未来がどうあるべきかまで踏み込んで生まれたイノベーションであり、経営者自身がどのような志を持っているかに収斂していく

2014/12/13 14:51

投稿元:ブクログ

ワンカップ大関が如何に誕生したか。また大関の会社そのものと営業的な面も含めた革新性などが記された一冊。
まあまあ面白い。
しかし本書を読む限りにおいて、大関が日本酒の味そのものを革新した話は殆ど出てこない。
私はワンカップ大関を飲んだことも無いし、大関を買ったことも無いかもしれない。これは、「味で勝負」しているメーカーとは思えないイメージがあったからである。
日本酒そのものが売れていないこともあり、ワンカップ大関の出荷量は最盛期の半分以下に減っている。これは中身で勝負してこなかったツケではないだろうか。
そう思わされる一冊である。

2016/12/20 12:28

投稿元:ブクログ

日本唯一のお酒「日本酒」。その中でも、何十年も愛されている「ワンカップ大関」。50年前、お酒というものは徳利とお猪口で飲むものであると定番であった。この本では、現在までの食品に隠されている、ワンカップが起こしたイノベーションからマーケティングまで定番を覆した新しい戦略の内容に引き込まれる。

2015/08/06 21:45

投稿元:ブクログ

その例がこちら。ワンカップ大関は発売当初はダメ人間のためのインスタント酒ではなく、スタイリッシュに日本酒を持ち歩けるトレンディーなものだったとは知らんかった、とかはあるものの、現状の落ち込みにあまり直視せず礼賛してるなどアレ。

2015/10/26 13:44

投稿元:ブクログ

one cup of tea

飲み方の新提案。若者へ…。でも確信へは届かず、、今は。

だけど、真のイノベーションはあったかと?
「非連続性」と「カテゴリー創造」
→ゼロックスする。

6 件中 1 件~ 6 件を表示