サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

タックスヘイブンに迫る 税逃れと闇のビジネス

タックスヘイブンに迫る 税逃れと闇のビジネス みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/03/22 08:34

投稿元:ブクログ

世界の金融資産の大部分がすでにさまざまなタックス・ヘイブンに隠されていて、世界的な富の地理的分布の分析に限界をもたらしている  
     『21世紀の資本』トマ・ピケティ p.483

現代社会の早急に改善すべき不公平は、タックス・ヘイブンだ。
最も金持ってるアップルやフェイスブックやスタバなど、グローバルな企業は、最高の税理士や弁護士をズラリと揃えて、タックス・ヘイブンに資産を隠し、税金を払わない。

平凡な個人は、否応なく、税金を支払わされる。

さらに、バカで貧しい個人は、宝くじ買ったり、公営のギャンブルに通ったりして、払わなくてもいい「愚者の税金」まで率先して支払う。

----------------------------------

フェイスブック英国法人の法人税は昨年わずか80万円

    木村正人 | 在英国際ジャーナリスト
    2015年10月12日 7時4分配信

フェイスブックが2014年、英国の従業員に自社株の上昇分を含め、給与やボーナスを平均21万ポンド(3866万円)も支払っていたのに

法人税は4327ポンド(約80万円)しか納めていなかった。

サンデー・タイムズ紙によると
フェイスブック英国法人は昨年1億500万ポンドの売上を計上。
ロンドンの従業員362人に3540万ポンドに相当する株式を大盤振る舞い。

一方で、法人としては2850万ポンドの損失を計上。
英税務当局の歳入関税庁にはたった4327ポンドしか納付していなかった。

平均的な英国の労働者は年収2万6500ポンド(約487万円)
3180ポンド(約58万5400円)の所得税と
2213ポンド(約40万円)の社会保険料を
納めている。


フェイスブックの節税の手口

英国の顧客から得た利益を法人税が12.5%と低いアイルランドに置く国際本社に送る。
英国の法人税は20%。

さらにタックスヘイブンとして知られる英国の海外領土・ケイマン諸島(カリブ海)に移転する。
ケイマン諸島では法人税はかからない。

フェイスブックは昨年、世界全体で125億ドルの売上があり、29億ドルの利益を上げた。
英国の売上はその1割とみられている。

多国籍企業の行き過ぎた節税が英国で大問題になったのは3年前。
スターバックス英国法人が過去3年間で計12億ポンドの売り上げがあったにもかかわらず、法人税をまったく納めていないとロイター通信がスクープ。

2008年の世界金融危機で財政赤字が膨らみ、英国も厳しい財政再建が強いられた。
スターバックスに怒った納税者は不買運動を起こした。

課税の公正さを求める声が高まり
■アップル
■グーグル
■アマゾン
■フェイスブック
■コカ・コーラ
■インテル
   などが俎上にあげられた。

過度の節税を行っていた米多国籍企業への批判は英国だけでなく、ドイツ、フランスにも広がった。

スターバックス節税のからくり

【手口その1】
スターバックス英国法人は11年、コーヒー1杯につき代金の6%の知的財産使用料を英国の会社に支払っており、その額は2600万ポンド。

【手口その2】
コーヒー豆をスイスの会社を通して購入、オランダで煎った後、英国に持ち込み、法人税が英国(当時の法人税率は26%)の約半分のスイスに利益を分散。

【手口その3】
子会社や関連会社間で融資を行い、スターバックス英国法人はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に4%を上乗せした利息を支払っていた。

1 件中 1 件~ 1 件を表示