サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/10/08 22:40

投稿元:ブクログ

名著として名高い故・梅田忠夫氏が約50年前に著した「知的生産の技術」を現在のデジタル環境を踏まえて再解釈した一冊。

原著は目を通したことがある程度だが、本著を読めばそのエッセンスを感じることができる。

「知的生産」というと随分敷居が高いことのように感じてしまうが、まずは既存のコンテンツの模倣でもよく、そこに自分なりの解釈を加えながら、少しでも新しいものになってくれば良いという、本書での言葉には励まされる。

その「自分なりの解釈」という点が、本書のタイトルにもある「センス」。

「センス」は何らかのアウトプットをして、世間からのフィードバックを受けながら(インプット)培われるものだという。

自分なりの好き・嫌いというものをフィルターにして、様々な情報から自分のカンにピッと感じるものを濾しとっていく中で、センスというものは磨かれていくものだろうか。

ネット環境やモバイル端末の発達で情報は荒波のように押し寄せるものの、その中から自分なりのフィルターを通して、発信するという行為ができていない。

まずは曲がりなりにも「アウトプット」していきたい。

2014/09/28 11:02

投稿元:ブクログ

インターネットが普及した現代において,「知的生産の技術」を再考するような内容です。『知的生産の技術』のアップデート版に類する本は多くありますが,これは正規版のバージョン 2.0というところでしょうか。特に興味をそそられるのは実際に手書された京大型カードやノートの写真です。この写真だけでも「買い」の本です。

2017/02/17 21:36

投稿元:ブクログ

梅棹忠夫「知的生産の技術」を読んだのは既に数十年前。知的生産とは新しい情報を生み出し、体系化し、新しい価値を生み出すこと。その第一歩は、考えて文章を書くこと。新しい情報を単に生み出すのではなく、先人の情報に新しい自分の価値を付け足していくプロセス。そのためには個人のセンスを磨く必要がある。情報を取捨選択するフィルター。これが知的生産の本質。いつも好奇心を胸に発見の手帳を持ち歩きインプット。ブログなどでアウトプットする。このインプットとアウトプットの循環を続ける。惜しみのない知的アウトプットをする。

2015/01/24 17:45

投稿元:ブクログ

こういうの好きなので買ってみた。

内容をまとめると

* 『知的生産の技術』を現代の状況と照らし合わせながら読む
* 梅棹忠夫氏の足跡を改めて振り返る
* 知的生産のセンスの磨き方(現代版『知的生産の技術』)

の3つが柱になってるのかな。

『知的生産の技術』と梅棹さんへのリスペクトが詰まった熱い本だと思う。ただ、良くも悪くも比重がそこに寄ってるので「現代版『知的生産の技術』」だと思って読むと物足りない気がする。

あと、自分は読んでたからいいんだけど、『知的生産の技術』を読んでない人にはわかりにくい部分がけっこうあるんじゃないかな。この本を買うような人の多くは読んでるだろうし、ターゲットをそういう人にしたんだろうけど。

2015/07/09 14:11

投稿元:ブクログ

読みやすさ  :★★★★☆(読みやすい)
分かりやすさ :★★★★☆(分かりやすい)
内容の充実度 :★★★☆☆(普通)
全体のまとまり:★★★★☆(まとまっている)
費用対効果  :★★★☆☆(トントン)
読後感    :★★★☆☆(普通)

2015/11/23 17:10

投稿元:ブクログ

梅棹忠夫さんの「知的生産の技術」を現代のツールやったらこうできまっせ、みたいなことが書かれてます。原典ありきの本。

6 件中 1 件~ 6 件を表示