サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/29 15:34

投稿元:ブクログ

安倍政権流の積極的平和主義ではなく、憲法の初心に帰り、戦争と植民地主義を否定することによってこそ、日本は現在進みつつあり暗い谷間から抜け出して、中東を含む、国際社会で名誉ある地位を占めることができる。
日本は中東に対する侵略戦争や占領に加担するのではなく、これを正面から批判、糾弾すべきである。

2015/03/01 11:13

投稿元:ブクログ

中東をめぐるその報じられ方に関する指摘が重要だなと思う。
つまり、中東をめぐる言説の中での「宗派対立」に関して、以下のような指摘もある。
「最近の中東、あるいは国際政治全般をめぐる報道や分析はあまりに『宗派紛争』をめぐる言説に満ちているので、われわれは何か事件が起きるたびに特定の宗教・宗派の歴史や教義について勉強せねばならないような気にさせられる。だが、これは間違ったアプローチであって、宗教・宗派の勉強をしたからといって『宗派紛争』のメカニズムを理解できるわけではない。宗派があるから『宗派紛争』が起きるのではなく、むしろ紛争を必要とし、作りだそうとする国際的な力があって、その紛争を担う単位として特定の『宗派』が『発見』され、新たな性格を付与される、という仕掛けになっていると言えるのではないか。そしてこれはおそらくは、『冷戦』後の世界各地で報じられる『エスニック対立』や『部族紛争』等とも共通する現象であると思われる」(26頁)

世界は同時に相互に関連しながら動いており、その背景には、基本的な利害対立がある。
しかし、それはある地域では部族対立として捉えられ、ある地域では宗教対立として捉えられ、ある地域では歴史認識対立として捉えられる。
全くそうした対立がないとは言えないが、そうした利害対立において重要な要因として、多くの地域に共通するのは経済的権益をめぐる対立ではないだろうか。
それはグローバリゼーションとともに進展している面もあり、その指摘を本書でもしているところが面白い。

2 件中 1 件~ 2 件を表示