サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

平安朝文学と儒教の文学観 源氏物語を読む意義を求めて

平安朝文学と儒教の文学観 源氏物語を読む意義を求めて みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/04/21 08:22

投稿元:ブクログ

虚妄の書として政事に有益でなく、価値がないだけでなく、男女の事を専らとする好色邪淫の書、紫式部は地獄に堕ちとまで思われていた作品。一方では紫式部の観音化身説まであった!それ故に儒教的・仏教的な意味合いから弁明し、文学的価値・意義を認めさせようとする努力があった。結果、藤原俊成から本居宣長まで、歌・もののあはれの世界では必読書とされた。今の私から見ても、何故このような好色の作品が・・・と思いながらも、詩文の美しさは惹きつけられる。「螢巻」において光源氏が玉鬘に「そらごと」である物語の意義を語る場面が紫式部自身のこの文学に対する弁明だったのか!

1 件中 1 件~ 1 件を表示