サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

『坊っちゃん』の時代 凛冽たり近代なお生彩あり明治人 新装版 第5部 不機嫌亭漱石

『坊っちゃん』の時代 凛冽たり近代なお生彩あり明治人 新装版 第5部 不機嫌亭漱石 みんなのレビュー

コミック 第2回手塚治虫文化賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

明治という時代の終わり

2015/12/25 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうき - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校時代に読んでいた本が復刻すると聞き早速購入しました。

漱石が重体に陥ったのち、向こうの世界で様々な人と交錯します。
懐かしい人、不思議な縁で行き合った人・・・。
そして死地を乗り切った漱石は、静かにこれまでを振り返ります。

始まりの、若者のエネルギーに満ちた明るさと打って変わって、
前巻から続く大逆事件という闇を越えて終わりゆく明治。
漱石に関わった人々が亡くなっていくのも、その「終わり」を感じさせています。

独特の明るさと、闇を持った不思議な時代。
近いようで遠く感じるこの時代を、このシリーズは鮮やかに描いてくれました。
明治という時代に興味のある方はぜひご一読ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/15 21:56

投稿元:ブクログ

明治43年8月。病床にある漱石。
胃が気持ち悪いと言いつつ生卵2個とご飯を3膳食べる。
空腹に耐えかね、温熱療法で腹の上にのせている温めたコンニャクをちぎって食べる。
文豪なのに食い意地はり過ぎ、と思ったけれど、さすが正岡子規の友人と思いなおす。
類は友を呼ぶのだなあ。

8月24日。
大量に喀血し、30分ばかり漱石は死んだ。
死んだという意識は本人にはないが、確かに呼吸が止まり瞳孔が開いて、漱石は30分ばかり死んでいた。

その時漱石は、啄木を道案内に昔懐かしい、しかしよく考えると今はもうこの世の人ではない人たちに会いに行っていたのだ。

漱石は神経を病んだり胃を病んだりと繊細なので、せっかく懐かしい人と邂逅しても、心残りをなくすどころか却って思考がぐるぐるまわりをしてしまうのだが、最終的には何となく自分を納得させて前に進んでいるところがある。
たぶんそういうところが漱石の人気の所以なのではないか。
理詰めだけではない、納得は行かなくてものみこんで消化しようとする姿勢。
消化できるかできないかはさておき。
真面目なんだよね。だから神経や胃をやられる。

案内人の啄木は「ぼくをご覧なさい。借金で首はまわらず 家庭内はいざこざばかり。なのに この晴朗さ。悩みは深いが この無責任。時代閉塞の日本では こう生きるのが賢明です」と、あっけらかんと言ってのける。
知り合いじゃなければ好きだ、こういう人。

病状回復後、文部省から博士号を叙されたときに漱石が言う。
「疲れても 已め得ぬ戦いを持続しながら けい然として独り老いるのは 惨めというほかはない。惨めというほかはなくとも……。僕は官の世話にならない。大学の世話にならない。博士号の世話にもならない。一回の夏目金之助としてこの苦を引き受けて 偶然生還したこの世に とどまる心算だ。」

自分の人生に悔いの残らない人などいないであろうに、こんなことを考えているから、体を壊すのだ。
そして、漱石は文豪になった。

シリーズ五巻を続けて読んで、明治って面白いなあと思った。
江戸から繋がる明治。明治から繋がってる平成。
大きく変わったはずなのに、ぐるりと一回りして同じところに戻ってきたような気がするのは、気のせいなのだろうか。

2 件中 1 件~ 2 件を表示