サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

相続はおそろしい 新版(幻冬舎新書)

相続はおそろしい 新版 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/12 23:32

投稿元:ブクログ

2015年1月から基礎控除が減額になったなどの改正が行われたことでにわかに注目された相続ですが、この改正自体で相続”税”が課税される人が壊滅的に増える訳ではないことは冷静に受け止める必要があると思います。が、これを機に相続について改めて考える、話し合うことの重要性を認識することは大事だと思います。
そのきっかけとしてはいい本だと思います。手軽に読めます。あっという間に読めます。相続についての基本的な知識もちりばめられていますので勉強にもなります。
「相続を争続にしない」と言う合い言葉はよく言われますが、金持ちですらケンカするんですから、金持ちではない家族では尚更です。
相続”税”と相続をごっちゃにせず、きちんと遺言書きましょう、てことでどうでしょう?

2016/07/03 15:08

投稿元:ブクログ

この本の冒頭で書かれている様に、多くの人は、相続とは金持ちが気にすることであり、自分には関係ないと思っているようですが、私もそう思っています。

私が相続税に悩むことになるかは不明ですが、両親が平均寿命に近づいてきている中で、少なくとも「相続」は避けて通ることはできません。50を超えた人間には、相続について一度考える機会を設けた方が良いのかもしれません。この本がキッカケになればいいなと思いました。

以下は気になったポイントです。

・介護など、被相続人のためにお金を使った場合には、使い道について記録を残しておくことが重要、親しい仲でのお金のやりとりほど重要(p30)

・相続の放棄とは、相続の開始があったことを知った時から、亡くなってからではない(p41)

・配偶者である母に全財産を相続させようと、子供達が相続放棄をしても、配偶者と被相続人の親が相続人となるので、母が全額相続できなくなる。そのためには、遺産分割協議をする必要がある(p44)

・自分を中心に相続に関係する人の系図を用意し、彼等の連絡先やどこでどう生活しているかくらいは、把握すべきである(p80)

・不動産を手に入れた時は、不動産取得税・登録免許税・印紙税・相続税や贈与税、保有している時は、固定資産税・都市計画税、不動産を売却したときは、所得税・住民税・法人税、印紙税が必要となる(p119)

・不動産を所得したときの書類がないと、売却額の5%を購入時の値段として計算することになるので注意(p123)

・亡くなった父がその友人の借金の連帯保証人をしていて、友人は借金を返済していた。友人が他界し、友人の相続人が相続放棄をしたために、連帯保証人は、亡くなった父の相続をした人になる(p132)

2016年7月3日作成

2 件中 1 件~ 2 件を表示