サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

死神うどんカフェ1号店 3杯目(YA! ENTERTAINMENT)

死神うどんカフェ1号店 3杯目 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

生きて

2016/02/13 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

死神うどんカフェに新たな死神が。彼は希子が2年前に助けたあの事件の男の子栄の担当者で!?
自殺未遂をくりかえす彼はやはり希子同様にあの事件に苦しんでいたのかと思いながら読みました。周囲も当然心配するのだから、みんながんばって生きてほしいです。やるせない…。
頼りになる大人ってすてきと思うエピソードもあってよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/20 14:19

投稿元:ブクログ

生きがいを与え合うような人間関係の輪が読んでいて心地よい、そして、三田くんがいろいろな意味で一歩踏み込んだ会話をするようになった3巻

①主人公2人の関係について
三田くんと希子さんの関係が絶妙だなとなんとなく思った。
・生身の人間では、希子だけが三田くんのことを正しく認識できる。(新しく人間関係を開拓していく可能性はある?)
・いろいろな場面で二人は価値観が似ていることが分かる。
・それぞれの男性性・女性性の違いが現れている。
・希子の親子問題を三田くんがフォローしたり、三田くんに負い目を感じさせないように希子が気遣ったりして、お互いに補い合っている。
・一人称小説で常に希子視点なので、三田くんが希子のことを実際どう思っているか、声と表情に現れた部分以外は明確になっていない。

なんか不思議な感じ。今後二人の関係どうなっていくんだろうなー。

②栄くんについて
人は必ず死ぬという事実が、生きていることの意味を消し去り、自殺未遂を引き起こすということ、不思議な感じがする。
半死人と向き合うことで死ぬことについて問い直したこと。無意味感を払拭するような人間関係に触れることができたこと。
生死も大きなテーマの一つなんだろうけれど、いろいろとバランスをとって描くのが大変そうな。
辻村深月『ツナグ』の文庫の巻末の解説に描かれていたことをなんとなく思い出した。

③須磨さんについて
お金を受け取るに値するかを見極めるための書類。借用ではなく投資であることを伝えて、金額の重みを意識させ、目の前で一対一の状況で書かせるという戦略。

それでもウソを書いてしまう人っていそうな気がする。ちゃんと負い目を感じて立ち去っただけ、良心が働く余地があったということなんだろうなぁ...

須磨さんが、まだ大人になっていない人たちを体と頭で守ろうと思うようになったのには、どんな理由やキッカケがあったんだろう。そして、どうやってその術を身に着けたのだろう。
_____
ということで、とかく登場人物が魅力的で惚れ込んでしまったので、一気に読めた。

2016/11/11 16:19

投稿元:ブクログ

死神がうどん屋を始めた三冊目。
恐らくシリーズを通しての問題に、一応の終止符が打たれたのではないか、と思う三冊目。
大変参考になる『大人』が登場する。

が、しかしながら一つものを言いたいのは、このお話で副核となっている大人の存在についてか。
悪い大人と良い大人がいる、とこの話では告げられているが、大人は二種類で分別できる程に簡単なものではないし、同様に子供もそうだ。ってか、まず人間として考えると、単純過ぎるだろう、この解釈は? と首を傾げたところもあった。
だがまぁ、面白かった。
今のところ三冊読んだが、三番目に面白い。

2015/01/07 12:59

投稿元:ブクログ

自分がこの物語にどんどんハマっていっているのがわかる(*^^*)今回は希子ちゃんが助けた男の子・栄くんが大変な事に‼(゜゜;)いつも人の気持ちを考えて動ける希子ちゃんは偉い(^o^)きっと須磨さんのような素敵なレディになるんだろうな(*´-`)二年間寝たきりの亜吉良はどうなるのか?月太朗がなぜペンギンなのか?四杯目で明らかになるのかな?(^.^)表紙のサマードレスを着た希子ちゃんステキ♪

2015/04/08 23:06

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。
今作は心揺さぶられる出来事が多かった。
希子がまたひとつ成長し、目黒先輩も一歩踏み出し、読み終えて清々しい気持ちでいっぱい。
1作目よりも2作目、2作目よりも3作目。読み進めるごとにはまっていく感じ。次作も楽しみです。

2015/08/02 22:41

投稿元:ブクログ

シリーズ三杯目。
あの時助けた男の子の話。
心を閉ざしていた希子ちゃんが、変わっていく過程で、「生きること」を考えた前巻から「死ぬこと」を考える今巻。
死ぬことへの恐怖心は忘れてはいけないけど囚われてもいけない。

須磨さんはかっこいい大人。
しかしその須磨さんに対する希子ちゃんの考え方や対応の仕方も非常に好感。

表紙のサマードレスめちゃくちゃ可愛いな!

2016/04/11 20:01

投稿元:ブクログ

図書館より。

さらりと読了。
シリーズを続けて読んできて、何となく気になり始めてきた感じ。
素敵な大人になりたいものだ。

7 件中 1 件~ 7 件を表示