サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 秀吟百趣
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

秀吟百趣(講談社文芸文庫)

秀吟百趣 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/09/07 19:42

投稿元:ブクログ

 現代短歌の巨人塚本邦雄による、短歌・俳句のアンソロジーである。
 本編では与謝野晶子、北原白秋、斎藤茂吉、正岡子規、夏目漱石・・・と、名だたる才人たちが星を撒くように散りばめられており、目にも鮮やかである。

 様々なタイプの俳句、短歌が犇めいているが、一際艶麗でドラマティックな岡本かの子の短歌には、甘い毒を食らったかのような酩酊感を覚える。
 
「うつし世を夢幻とおもへども百合あかあかと咲きにけるかも」
「櫻ばないのち一ぱいに咲くからに生命かけてわが眺めたり」
「ふたたびは見る春無けん狂人のわれに咲きける炎の桜」

 儚い夢現を血で染まったような赤い百合が引き裂く。
幻想的で、なおかつ、その幻想の世界を打ち破るかのような激しさがある。かの子にとって、美とは力であり、また全ての生命の源泉が美だったのではないだろうか。

1 件中 1 件~ 1 件を表示