サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

清らかな煉獄(講談社ノベルス)

清らかな煉獄 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/12/08 00:45

投稿元:ブクログ

佐貴の喫茶店に『浜本理香』と名乗る依頼人が現れるが、その人物は一年前に亡くなっていた。さらに、理香の交際相手が不審死して、さらにはアーネストの因縁の人物の影が・・・

やられてしまった・・・すっかりミスリードに引っかかってしまいました(^_^;)
なんだか分かりやすい事件だと思って読むスピードが上がらなかったけど、ラストは一気読みです。
なので★は4つで!

2017/02/11 21:42

投稿元:ブクログ

今回のお話も前回とは違った悲しさのあるお話でした。
アーネストと佐貴の今後の関係も気になるところ。少しずつ柔らかい関係になってってほしい。

2016/09/20 13:37

投稿元:ブクログ

名前をカタカナ表記にするといかにもミスリードを誘ってるように思えてしまう。前作に続きあまり好みでない。ほとんどの場面で霊媒師のとしての活躍はなく、イケメン要素だけが活きているような…。

2015/07/29 13:49

投稿元:ブクログ

霊媒探偵第2弾。
前作は色々と薄い感じがしたが、今回は一気読み。
店にやってきた「浜本理佳」と名乗る女性が「この電話番号の相手が霊媒師の助けを必要としている」とメモを渡して立ち去った。しかし調べてみると「浜本理佳」は一年前に自殺していた…
複数の事件が錯綜する中、こじれた思いを解きほぐして真相にたどり着くようなストーリーがよかった。アーネストを敵視する人形師も登場し、彼らの過去が一部明らかに。BLっぽい雰囲気が少々苦手だが、次作がどうなるか期待。

2016/06/16 13:04

投稿元:ブクログ

今回は前作より物語に入り込めず…あの双子はまあそうじゃないかなと思ってたけど、お父さんそれかよ!ていうか、なんで秋重詳しいの?!というラスト…

2016/05/09 17:21

投稿元:ブクログ

アーネスト・G・アルグライト――英国の霊媒師一族の末裔で、
息抜きのため時折日本を訪れる、21歳の美青年。
彼は、友人の佐貴が働く喫茶店《リーベル》に度々立ち寄るため、
店には「由緒正しい霊媒師がいる」との噂が流れていた。
十一月のある晩、店にやってきた依頼人は艶やかな黒髪の美しい女性。
彼女は「浜本理佳」と名乗り、
「この電話番号の相手が、霊媒師の助けを必要としている」と、
とまどう佐貴にメモを押しつけて立ち去る。
仕方なくその電話番号に電話を掛けた佐貴は、意外な真実を知ることになる。
浜本理佳は、一年前にすでに死んでいたというのだ……!

2016/12/17 05:53

投稿元:ブクログ

内容に関係なく本当に細かいことなんだけども、文章中で作者さんの癖なのか「行かれない」という表現が何度も出て来てものすごく引っかかった。そこは普通に「行けない」でいいんじゃないの…?「行かれない」って何…??

7 件中 1 件~ 7 件を表示