サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期(幻冬舎新書)

人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

電子書籍

意外な視点

2017/02/24 20:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本には、久坂部氏の父親の死に様が書かれてある。
久坂部氏の父親は、独特な考えの持ち主であった。
その人の晩年を知れば、常識だと思っていたものが覆えされることだろう。
この本を読んで、医療・介護・認知症・死・親の死に目に会うこと・孤独死などについて考えると良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/23 13:24

投稿元:ブクログ

代々医者の家に生まれた著者は作家志望だったが、それでは食っていけないということで医者にさせられた。その著者が医者である父の生き様を通して、医療とはなにかを問いかける書。このお父さんという人がすごい。医者であるのに、病気になっても治療を拒否し、それでいてストレスがたまるのが一番よくないと言って、好きな甘い物を食べまくる。あげくのあて糖尿病になって足が壊死してもやめない。運のいいことにインシュリンを打ち続けているとその壊死がなおってしまった。要するにこのお父さんは、放っておいても大丈夫という根拠のない楽観主義と悪くなったらあきらめるという覚悟をもっていたのである。最後に前立腺ガンになったときはこれで死ねると思い、治療をしようとする医者に、患者がいいと言っているのに無理強いするなと説教する始末。この考え、中村仁一さんに似ているなと思ったら、同じ幻冬舎新書で中村さんと『思い通りの死に方』という本を二人で書いていた。それにしても、今の医療の早期発見、過多治療へ疑問をもつ医者が増えてきたということである。

2015/01/15 18:43

投稿元:ブクログ

2015.01.15
新聞に載っていました。
気になるので、覚書としてブクログに登録。

2015.01.22
購入。

2015.04.04
ちょっとずつ読み進めていた本。
著者の父上のことはちょっと極端な例だなあというのが本音でした。
しかし、あまり欲を持たず生きるってあこがれます。
そして、周りの人たちに感謝の心を忘れずに生きていきたいです。
そんな風に思いました。
手元に置いておきたい本。

2016/08/16 18:11

投稿元:ブクログ

超面白い。医者である父の医療嫌いエピソード満載。とっても勇気が出る本だと思う。
死ぬってどういうことか、医療をどう利用するか考えさせられる。

2016.8.16.

2015/04/12 09:36

投稿元:ブクログ

「今の医療は不安と心配ばかり増やしている。」医者が言ってくれたのが嬉しい。「莫妄想」「少欲知足」。2015.4.12

2014/11/08 10:56

投稿元:ブクログ

介護などの現実が描かれていて、将来自分自身が経験することになりうる状況に対する心構えを持つために、大変参考になりました。
また、人間の体の強さ・不思議さを感じ、医療者は患者の治癒力を高めるための良きパートナーであってほしいと思いました。

2014/11/23 21:14

投稿元:ブクログ

お父様の介護について書かれている
医師として忙しいのに、自宅で介護されていた
多くの経験をしているからこそ、落ち着いて介護されているけれども
決して楽ではなさそう
医療行為は拒んでいても
寝たきりになったので、身の回りの世話は必要
しかも、せん妄とか、不穏な状態にもなり
介護する側の疲れや不安も大変そう
それでも、比較的には安らかに逝けた方らしい

自分の時は、どうなるやら

2015/03/02 20:24

投稿元:ブクログ

一人の人間の生き方としては、興味深いというか、面白い。
人間というものは不思議だなぁ、と改めて思った。
結局、いろんな知識を持って、リスクを考えて、自分の求めるものを選択することが大事。

8 件中 1 件~ 8 件を表示