サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

悪魔と裏切者 ルソーとヒューム(ちくま学芸文庫)

悪魔と裏切者 ルソーとヒューム みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/22 08:22

投稿元:ブクログ

『エミール』出版後、逃亡生活を送っていたルソーにヒュームが保護の手を差し伸べるところから二人の物語が始まる。当初は50代半ばの男たちが友情極まって抱き合うほどの交際関係になったが、ヒュームがパリのフィロゾーフたちと結託してルソーを陥れようとしているというルソーの妄想によって、二人の関係は崩壊する。自己の良心にしたがってヒュームを断罪するルソーと、このスキャンダルでどちらに正当性があるのかを世論に判定してもらおうと考えるヒューム、この二人の行動には、彼らの哲学の特徴が現れているというのが著者たちや「解説」の著者の見解である。ルソーの思想について言えば、彼の晩年を支配する自分を迫害する陰謀が張り巡らされているというイメージ、これは端的に妄想であるが、しかし彼の言語が絶大な影響を及ぼしたフランス革命において、革命の敵の陰謀の存在が大々的に喧伝され、それが1793年から94年にかけての恐怖政治の原動力になったことも鑑みれば、ルソーの「陰謀」論をただの妄想として笑い飛ばすことはできない。

1 件中 1 件~ 1 件を表示