サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/15 21:48

投稿元:ブクログ

イギリスに本拠をおいて様々な「立入禁止区域」に都市探検をした民俗学者の自叙伝。彼が、彼や彼女らが侵入するのは、日本で言えば軍艦島、バブルの遺構といった廃墟だけではない。それはメトロの霞が関の側にあるとかないとか噂される防空壕や、お台場に建設される高層マンションの屋上、あるいは解体中の国立競技場か。
人はなぜ都市探検に惹かれるのか、その高揚感、メディアから追いかけられた話など、なかなかボリュームはたっぷりだが、きちんと塗工紙に印刷された写真(それがどこなのかがわからないのが残念ですが)を見るだけでも楽しいのでは。
Man on the wireのような映画になったらいいのになぁ。

2015/02/13 18:06

投稿元:ブクログ

我々が暮らす都会には、通常人が立ち入らない場所が、数多く存在する。

廃棄されたビル、建設中の建物、橋桁の上、橋の下、廃棄された地下鉄、使用されなかった幻の駅、放棄された軍事基地、使われなかったシェルター。そして、下水道や地下排水路など。
本書はイギリスを拠点に、それら都会の秘境、道の世界に侵入するプレイス ハッカーの世界を描いたノンフィクション。

実際にプレイスハッカーとして活動する筆者によって、描き出される彼らの生態。
我々が知らない世界。

2015/04/16 14:54

投稿元:ブクログ

「立入禁止」と書かれた場所、入ってはいけないけど入ってみたくなってしまう!そんな立入禁止の場所には私たちが想像もしていなかったような世界が広がっています。物語が始まりそうな場所やもう帰りたくなる場所などなど…。ぜひ読んでみて下さい!真似はしないように!(教育学部:社会専修)

2015/05/02 18:51

投稿元:ブクログ

やってることはよくわからないが
よくこれだけの文章を書くなと思う
膨らませ方がすごいというか

写真はとてもきれい

2016/02/05 14:30

投稿元:ブクログ

廃墟のホテル、閉鎖された地下鉄のトンネルなど「立入禁止」スポット満載な、司馬遼太郎の「街道をゆく」の裏バージョン的探検記。




POPEYE 2015年JANUARY Issue813
TO DO LIST より引用。

5 件中 1 件~ 5 件を表示