サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像(歴史新書y)

信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

信長の真実

2015/03/14 10:21

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「逆説シリーズ」の作家を筆頭に、信長を神のごとく語る評論家たちに、長年辟易としてきました。やっと、等身大の信長に迫る本が出たという印象です。しかも、一次史料にもとづく第一線の研究ですので、自分の思い込みだけで書かれた本と比較すると、説得力が格段に違います。

 さて内容ですが、「現在の信長研究の到達点」を14項目のテーマに絞り、3部構成とし、最新の研究成果が披露されています。また、一つのテーマが20ページ弱ですので、読みやすかったです。興味深いテーマばかりですが、例えば以下のように信長の常識を覆す内容となっています。
・朝廷は裁判所としての役割を負い、信長は裁決の実現をはかる等、天皇や朝廷をないがしろにしていたわけではなかった(41ページ)。
・信長と信玄は、将軍義昭を支える有力な戦国大名として協力する関係にあった時期もあった(127ページ)。
・松永久秀・別所長治・荒木村重が信長を見限った理由は、信長の失態続きの人材登用が繰り返される中、家臣や国人に対する面子が潰され、百姓に対する支配が脅かされたことにあった(154ページ)。
・信長の四国外交の変更は、光秀の権力中枢における立場と発言権の喪失、つまり政治生命の喪失に繋がり、光秀は新たな仕官を求めるか謀叛するかの選択に迫られた(168ページ)。
・楽市楽座は、信長独自の政策でも専売特許でもなく、早い事例では信長より18年も前に六角氏が行っていたり、他にも今川・徳川・上杉等も行っている(208ページ)。
・大船の建造も、戦術的効果をもたない「耳目を驚かす」だけの視覚装置にすぎなかった(220ページ)。
・信長の都市政策だけが「先進的」だったわけではない。信長による流通・都市支配の実態は、大阪湾一帯の港湾都市を経済基盤とした、三好氏の支配体制を再編継承したものである(222ページ)。
・信長は無神論者ではなかった(224ページ~)。
 とにかく、第一線の研究による信長像と世間が認識する信長像とのギャップの大きさには驚きます。超人ではない信長の実像を教える教育的視点も必要と思いました。本書は、信長ファンはもとより歴史ファンには、是非読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/18 08:57

投稿元:ブクログ

いろんな人の最近の信長の研究の成果を、いろんな人がいろんなテーマで小稿作って、客観的にまとめたもの。戦国時代の研究はどんどん進んでるみたいなんで、こうやってわかりやすい一冊にまとまるとありがたい。

2015/01/26 22:16

投稿元:ブクログ

こういう内容が、新書で読めるのは素晴らしいこと。
最新研究で信長の過剰なカリスマ性を検証するとどうなるか?
思いの外脆弱で、かなりブラックなその資質があきらかになる。
本能寺の変も、ブラックな殿に仕えた光秀の限界だと考えると、真相を探らなくてもいいんじゃないかと思えてきたり。

2014/12/05 23:47

投稿元:ブクログ

信長は革命家であり、破壊者であり、独創的である。カリスマ性もある。

と言った偶像化された信長だが、最近までの研究成果を13人の筆者により、ある意味で否定していく。

でも、中世の面白さを否定するものではなく、逆にますます面白くなってくる。

分かりやすく展開されていて、とても面白い!

ドラマや小説で語られていることを丁寧に学術的に打ち返しています。

2014/10/31 13:14

投稿元:ブクログ

中世史は本当に熱い。いろいろおもしろかったが、特に足利幕府と義昭の再検討、信長から離反した武将の研究は興味深い。武田信玄も義昭上洛を支持していたり、駿河侵攻が同時作戦だったとか、松永久秀に謀反癖がなかったとか、周りのエピソードもおもしろかった。楽市楽座や関所の廃止など信長の独創ではなく流通の成熟した畿内とう地理的な特徴を踏まえてで、しかも三好氏がやっていたことの継承発展という歴史的経緯をしっかり見ないといけない。近年、重要性が指摘されている国衆の扱いも他の大名と変わるとこはない。尾張出身者に偏った抜擢。明智と四国取次の問題。戦国時代のルールの中で信長も生きている。そのルールを破ったり、地域の力関係を無視した人事をすると不満がたまり、その受け皿として足利義昭が正当性を与え、離反や謀反が起こる。ほか法華宗との関係などもおもしろかった。天正3年の右近大将任官が大きな画期。朝廷から正式に義昭没落後の公儀として認められ、信長自身も自覚を持って天下静謐の為に戦っている。徳川家康が対等の同盟者で義昭の直臣から信長配下の国衆へと手紙の形式が変わっていく。

5 件中 1 件~ 5 件を表示