サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

声の出ないぼくとマリさんの一週間

声の出ないぼくとマリさんの一週間 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/10/12 07:53

投稿元:ブクログ

子どもに寄り添う、親ではない大人の存在。そんな大人と主人公が互いに自然と影響しあっていく。読み終えた時、読み手も主人公と同じように日常に帰って、明日に向かって今日を歩いていく自信が持てるような気がしてくる。

2015/11/08 07:38

投稿元:ブクログ

これはあきません。

キャリアウーマンの母が海外出張中に、母の友人宅(実はオネエ)と過ごす少年の話。

話自体は温かくて良いのだが、ストーリーが弱い。

実家には心配かけたくないから頼れない、とか。
母と友人は幼いころから家族ぐるみの付き合いだと言うが、彼女(彼?)はそのころからオネエだったのか?
母は、どうしてそのことを息子に知らせなかったのか?
どうした帰宅が遅くなったオネエが川にいるってわかったのか?
友人や母の言葉に自信を無くしていたのに、オネエや隣人の言葉にそんなにすぐに立ち直るのか?
自信喪失して声を出すことを止めた彼が、いとも簡単にまたしゃべりだすのか?とか……、ツッコミどころ満載で、せっかくの感動が興ざめになります。

挿絵も、違和感があるものが多すぎて(特にカエル)、なくても良いのではないかと思う。

テーマを除けは、この話の単純さは中学年以下向き。

推さない作品です。

2 件中 1 件~ 2 件を表示