サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

マルクスを読みなおす(筑摩選書)

マルクスを読みなおす みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/08/20 00:15

投稿元:ブクログ

マルクスに対して批判的な立場からの、マルクス論です。著者は、金融危機以降ふたたびマルクスに期待が寄せられつつある状況に対して、次のように苦言を呈しています。「私は、マルクスの著作を読んで、資本主義経済の本質に接近するということは、決してないと考えるものである。序にも書いた通り、特に二○○八年の世界金融危機の後、そう誤解する人が後を立たないので、危機感に駆られて本書を執筆したほどなのだ」。

マルクスのフランス革命観について論じている最初の章は興味深く読みましたが、その後で展開されている『資本論』批判、とくに価値形態論に対する批判はナイーヴなものが多いように感じられました。とはいえ、著者はあくまで、社会学や経済学の方法論を守りつつ、その観点からマルクスの議論を裁断していくという立場を意識的に採用しているわけで、上のような反論は筋違いというものかもしれません。同様の企図で執筆された本として小泉信三の『共産主義批判の常識』(講談社学術文庫)がありますが、こうした試みそのものを頭ごなしに否定することもできないのではないかという気がします。

1 件中 1 件~ 1 件を表示