サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/11/30 17:42

投稿元:ブクログ

漁業と炭鉱の街を大牟田を体現するのが「ヒカっしゃん」らしい。「ヒカっしゃん」の身体が弱ってきたことと、漁業と炭鉱の街であった大牟田の衰退と重なる。しかし、その中でも次の世代の人たちによる新しい大牟田の息吹も伝わる。
長大だが読み応えがあり、中だるみせずに最後まで読める。
しかし、黒煙の向こうに衝撃の事実を見た主人公は、なにもかも飲み込んで、新しい大牟田をどこまで見守っていけるのだろうか?

2015/01/11 19:23

投稿元:ブクログ

殆どの人は、心の中に表と裏というものを持っていると思う。表が良くて裏が悪い、ということではない。表とは、他人に見える、或いは見せてもよい自分。そしては裏とは、他人には見えない、或いは見せない、ある意味では本当の自分の心。本書はある警官が多くの人間関係を通して、様々は人々の心の裏に迫っていくという物語だ。人の本当の想いを、かくも意外なものなのか、と思わせる表現力が巧みだと感じた。

2015/03/07 19:55

投稿元:ブクログ

下巻は昭和から平成に。主人公の猿渡鉄男は、幼い娘を不慮の事故で喪い、妻とも離婚…父親の死の真相を追う猿渡…

本当に日本冒険小説協会大賞受賞作なのか…そう思う理由は…

主人公が心配になるくらい、やたら飲み食いする。特に酒の方は読んでいて、主人公の身体が心配になるくらいだ。結局は主人公が父親の死の真相を暴くのだが、あまり主人公には積極性が感じられない。娘の不慮の死、離婚といった主人公の人生を左右する出来事が、やけにさっぱりと描かれ、旧知の友との飲み食いばかりが、やたら描かれる。

冒険小説ではない。

2017/05/14 08:49

投稿元:ブクログ

このミス2013年版5位。三池炭鉱のある大牟田市を舞台とした重厚な大河ミステリー。1963年に警察官である父親を失った主人公が警官になってからの1974年から2010年までの約40年間を10年毎ぐらいに発生する事件を解決しながら、最後には未解決の父親殺しの真相に迫っていく話。半世紀のそれぞれの時代毎の大牟田のようすや、仲間との関係が克明に記録されている大作。郷土愛と歴史の記録者としての使命感に溢れており、書き切った感満載。その分読む方もかなり骨が折れた。背景説明等も多く緻密な表現も相まってかなり分量が多く退屈な部分が多い。読み進めるのは困難だけど読み終われば感動する系のやつはあんまり好きじゃないのだけど、この本は緻密な伏線と伏線回収時にもわかりやすく反芻してくれるとことか、ところどころ、興味をつなぐ工夫もあってなんとか最後まで行き着けたのでまあ良いかと。ガッツリ読みたい人や時間のある大作好きの人にはとても良い本ではないかと思う。軍艦島とかたまに写真で見ても何これって思うけど、この本読んで炭鉱の歴史ってのがすごく勉強になった。文庫本の解説も良かった。

2015/03/09 19:20

投稿元:ブクログ

三池炭鉱を舞台に描かれた熱き人間ドラマ。地元の警察官・猿渡鉄男は、「名刑事」だった父の死の謎を追い続けていた。時代は、昭和から平成へ。斜陽化する炭鉱の街、必死に生き抜く人々、時代を反映した数奇な事件。すべてが折り重なって解明された、父親殺しの真相とは? 第33回吉川英治文学新人賞受賞作。

5 件中 1 件~ 5 件を表示